敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

調子のいいお肌をキープするコツ

敏感肌にオススメな薬用化粧品ブランド。どんな有効成分を選ぶべき?どんな時に使うといいの?

更新日:

「薬用化粧品」と効くと、「化粧品より効くのかな?」「敏感肌にもいいのかな?」と感じる方も多いのでは?

しかし、薬用化粧品にもメリットとデメリットがあり、上手に使い分ける必要があります。

今回は、敏感肌にオススメの薬用化粧品はどんなものか?また、どんな時に使うのがいいか?といったことをまとめました。

スポンサーリンク

薬用化粧品って何?化粧品との違い

化粧品は、「化粧品」と「薬用化粧品」に分類されます。

薬用化粧品は医薬部外品の一部で、箱や容器に「薬用」または「医薬部外品」と明記されています。

化粧品と薬用化粧品の最も大きな違いは、薬用化粧品には有効成分が配合されており、効果・効能が表示できること。

化粧品が「肌を健やかに保つ安全性の高い製品」であるのに対し、薬用化粧品は「副作用の出ない範囲で有効成分を配合し、症状を予防する」ことを目的にしています。

薬用化粧品には、

  • シミ・そばかすを防ぐ美白化粧品
  • ニキビを防ぐアクネケア化粧品
  • 肌荒れを予防する化粧品

などがあります。

勘違いしてはいけないのが、薬用化粧品の効果は予防であって、症状を治すためのものではないということ。

「薬用化粧品ならひどい肌荒れが治るかも!」
「薬用化粧品ならニキビが治るかも!」

などと考えるのは間違いです。

また、化粧品と薬用化粧品では、成分表示のルールが異なります。

>>化粧品と薬用化粧品の表示ルールの違い

薬用化粧品は化粧品より効く?敏感肌にもおすすめ?

医薬部外品は、特定のお悩みに対して有効成分が配合され、症状の予防・緩和を目的とするものです。

それに対して化粧品は、肌を清潔で健やかな状態に保つ、また美しく飾るもの。

必ずしも薬用化粧品が化粧品より優れているわけではありません。
そもそも目的が違うので、単純に比較できるものでもありません。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の求めるものは何なのか?をよく考えて選ぶべきです。

薬用化粧品のメリット。薬用化粧品はこんな時に使おう!

薬用化粧品のメリットは、効果の期待できる濃度で有効成分が配合されていること。
特定のお悩みに対しては、化粧品より効果的な場合が多いです。

(化粧品には配合量の制限がないため、薬用化粧品より高配合されている場合も稀にありますが。)

  • シミを防ぎたい
  • 化粧品がニキビの原因になっていそうで不安
  • 肌荒れしやすいお肌を安定させたい

といった場合は、薬用化粧品を使うのもオススメです。

薬用化粧品のデメリット

  1. 全成分表示ではない
  2. 成分表示が難しい
  3. 敏感肌には刺激が強すぎる場合もある

薬用化粧品の全成分表示は、義務ではなく日本化粧品工業連合会の自主基準です。
つまり、全成分が開示されていない化粧品もあるということ。

成分が開示されていても、並び順は順不同(メーカーの自由)です。

例えば敏感肌が避けたい成分にエタノールがありますが、成分表を見てもたくさん配合されているのか?微量なのか?分かりません。

また、同じ成分でも、薬用化粧品の成分名は、化粧品の成分名とは異なります。

化粧品であれば「セラミドNP」と分かりやすいのに、薬用化粧品だと「N-ステアロイルフィトスフィンゴシン」のような分かりにくい名称となっていて、一般消費者には分かりにくいです。

また、効果の高い有効成分は、敏感肌には刺激となってしまう場合もあります。

効果の高い順に並べると「医薬品>医薬部外品>化粧品」ですが、

安全な順で並べると「化粧品(安全)<医薬部外品<医薬品(副作用あり)」となります。

バリア機能の非常に低下した状態では、化粧品の方が安心して使える場合もあるでしょう。

敏感肌にオススメの薬用成分

抗炎症系

「肌荒れを防ぐ効果」が認められた成分です。
敏感肌はバリア機能が低下しており、様々な刺激によって炎症を起こしやすいです。

肌に炎症が起こるとセラミドも減ってしまうこともあり、肌荒れを防ぐ有効成分は敏感肌にオススメです。

  • グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリル
  • アラントイン
  • トラネキサム酸
  • 酢酸トコフェロール

セラミドを増やす系

敏感肌の改善にはバリア機能の正常化が欠かせませんが、お肌のバリア機能と深い関係にあるのが「セラミド」です。

「セラミドを増やし、肌の水分保持能を改善する効果」が日本で唯一認められているのが、「ライスパワーNo.11」という成分です。

外から与えるセラミドよりも、自分の肌で作られたセラミドの方が適応性が高いのはいうまでもなく、敏感肌にオススメの成分です。

ただし、ライスパワーNo.11の化粧水や美容液は、エタノールが配合されることが多いです。
エタノール不使用のクリームが、敏感肌には使いやすいかもしれません。

敏感肌用の薬用化粧品ブランド

おすすめノエビア ノブ(NOV)

30年以上続く敏感肌用ブランドで、皮膚科でも取り扱いのあるブランド。
グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリルが配合されています。

⇒詳しいレビュー記事

キュレル

花王の乾燥性敏感肌用ブランド。
セラミドケアで有名だが、実際にはセラミドは配合されていない。

肌荒れを防ぐ薬用成分としてアラントインが配合されています。

⇒詳しいレビュー記事

dプログラム

「時々敏感肌を予防する」がコンセプトの資生堂のブランド。
トラネキサム酸が配合されています。

トラネキサム酸は美白効果もあるので、美白が気になる敏感肌さんにもオススメ。

⇒詳しいレビュー記事

アルージェ

「馬セラミド」がポイントの全薬工業の敏感肌用ブランド。
グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリルが配合されています。

カルテクリニティ

コーセー系列の敏感肌用ブランド。
グリチルリチン酸2Kが配合されています。

アユーラ(AYURA)

東洋医学のエッセンスを取り入れた「ゆらぎ肌」のためのブランド。
資生堂系列の覆面ブランド(?)で、トラネキサム酸が配合されています。

ビーケーエイジ(B.K.AGE)

持田ヘルスケアの加齢性敏感肌のためのブランドで、防腐剤不使用が魅力。
トラネキサム酸、酢酸トコフェロールが配合されています。

ライスパワーショップ

ライスパワーNo.11を開発した勇心酒造のブランド。
クリームがエタノール不使用なので、ライスパワーNo.11を敏感肌さんでも使いやすいかと思います。

  1. ライースリペア インナーモイスチュアクリームNo.11
  2. アトピスマイルクリーム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
管理人 YUKA

管理人 YUKA

30代 乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュのYUKAです。 部屋が片付けられない女子(?)ですが、メディアではできるだけたくさんの情報を整理して、分かりやすくお伝えできればと思います。 何かひとつでも、お役に立つことがあれば嬉しいです。 >>詳しいプロフィールはこちら

-調子のいいお肌をキープするコツ

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.