敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣などキレイになれるヒントをお届けします。

敏感肌の美白

敏感肌でもビタミンC誘導体で美白できる?低刺激な成分の選び方とオススメの商品、教えます

更新日:

「ビタミンC誘導体が美白にいいって聞くけど、刺激が強そう…… 敏感肌でも使えるのかしら?」

そんなあなたへ。

この記事では、敏感肌でもビタミンC誘導体は使えるのか?どんな成分を選べばいいのか?後半ではオススメの商品も合わせてご紹介します。

ビタミンC誘導体は敏感肌でも使えるの?

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、敏感肌がトライできるタイプもある

ビタミンCというと、「刺激が強い」「乾燥する」「ベタつく」といった、マイナスのイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを、お肌でじっくり働けるよう加工したもので、加工の仕方によってものすごく沢山の種類があります!

刺激が強く、乾燥するものもあれば、低刺激で効果が穏やかなものもあります。

敏感肌用の化粧品には、低刺激で穏やかに働くタイプのビタミンC誘導体が配合されているので、敏感肌でもトライしやすくなっていますよ!

ただし、敏感肌かどうかに関わらず、ビタミンCが肌に合わない方は一定数います。

その場合、予防がメインにはなりますが、アルブチントラネキサム酸、カモミラETなど、敏感肌がトライしやすい成分は他にもあります。

不安な方は美白美容液でスポット的に取り入れるのもアリ

それでも不安!という方は、スポットタイプの美白美容液で気になる部分のみに取り入れる方法もあります。

シミ予防の観点からいうと、美白化粧品は顔全体に使った方が効果的ですが、肌荒れはシミを加速させるため、無理に使うのは逆効果。

自分がコンディションのいいお肌を保てる方法が一番です。

ビタミンC誘導体の中で、敏感肌にオススメな種類は?

敏感肌にオススメ① L-アスコルビン酸2グルコシド

ビタミンC誘導体はアルカリ性で安定するものも意外と多いのですが、敏感肌には弱酸性の化粧品がオススメです。

「L-アスコルビン酸2グルコシド」は敏感肌用の美白化粧品に最もよく使われるタイプのビタミンC誘導体。

美白効果は穏やかなので、物足りなさはあるかもしれませんが、低刺激で乾燥感も出にくく、使いやすい成分です。

敏感肌にオススメ② VCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)

上記に比べると数は少ないのですが、こちらも比較的、低刺激で乾燥感が出にくいタイプの成分です。

ビタミンC誘導体は肌に入った後にビタミンCに分解されて働くのですが、VCエチルは分解されなくてもメラニン抑制効果があり、72時間と持続性が高いのが特徴です。

「L-アスコルビン酸2グルコシド」では物足りない、という方は、試してみてもいいかもしれません。

ビタミンCの美白効果とは?色素沈着に効果があるの?

シミは、過剰に作られたメラニン色素が色素沈着したものなので、メラニンを作らないよう抑制してあげれば、理論的にはシミを防ぐことができます。

メラニン色素は酸化されて黒くなるから目立つのですが、ビタミンCは強力な抗酸化作用により、メラニンが酸化されて黒くなるのを防ぐ働きがあります。

また、すでに酸化されて黒くなったメラニンを還元して、薄い色に戻す働きもあるため、色素沈着に効果的だと言われているのです。

ただし、ビタミンC誘導体で薄くなるのは表面のメラニンだけで、肌の奥深く、真皮層まで落ちてしまったものには効果は期待できません。

敏感肌にオススメのビタミンC誘導体の美白化粧品3選

エトヴォス アクネVCローション

肌荒れ・ニキビを防ぎ、シミ・ソバカスも予防する、ダブルの有効成分が配合された化粧水。

医学博士監修のブランドで「VCエチル」というビタミンC誘導体が配合されています。

刺激の強い殺菌成分は配合されておらず、ニキビの無い方が、美白の目的で使うのもオススメ。

エトヴォス アクネVCローションの口コミ!VCエチルで美白しながらニキビを予防する低刺激な化粧水

ノブL&W ブライトニングエッセンス

ノブL&W ブライトニングエッセンスは、炎症によりシミやシワなどエジングが加速する敏感肌特有の原因にアプローチする美容液。

美白成分としてビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2グルコシド)のほか、コエンザイムQ10など3つのエイジングケア成分が配合されています。

くすみ、ハリ不足など総合的なエイジングケアが期待できる1本です!

ハリ不足・小じわもケア!敏感肌におすすめの美白美容液ノブL&W ブライトニングエッセンスの口コミ

ファンケル ホワイトニング化粧液Ⅱ

毎日使う化粧品の防腐剤や添加物が肌ストレスとなり、美白を妨げるとの考えから生まれた、防腐剤フリーの美白化粧水!

ファンケル ホワイトニング化粧液Ⅱには、アクティブビタミンC(L-アスコルビン酸2グルコシド)が配合されています。

同じシリーズに美白乳液や美白美容液もあります。

ファンケルホワイトニング化粧液Ⅱしっとりの口コミ!アクティブビタミンC配合、防腐剤フリーの美白化粧水

その他、敏感肌用のビタミンC誘導体の美白化粧品

HANAオーガニック ホワイトクリーム

日本初!天然由来成分100%の美白美容液が、HANAオーガニック ホワイトクリーム。
美白成分には、ジャガイモから作られたビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2グルコシド)が配合されているんです!

パラベンやフェノキシエタノールなど、合成防腐剤が不安な方にも安心。
気になる部分に集中的に取り入れるスポットタイプの美容液です。

天然由来成分100%の薬用美白で気になる部分を集中ケア!HANAオーガニック ホワイトクリームの口コミ

ミューノアージュ アドバンストホワイトニングセラム

自身も幼い頃にアトピーに悩んでいたという皮膚科医が開発したドクターズコスメです。
VCエチルに加え、24金が配合されている贅沢な美容液。

ちょっと高級ですが、ドラッグコスメで効果を感じられない方は試してみるのもアリかも。

キュレル美白化粧水Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

キュレルの美白は、化粧水にL-アスコルビン酸2-グルコシドが、美容液と乳液に「カモミラET」という別の美白成分が配合されているのが特徴です。

敏感肌の定番!キュレル 美白化粧水Ⅲ(しっとり)を使ってみた口コミ。さっぱり系で夏はいいけど秋冬は…

ミノン 薬用マイルドホワイトニング

美白有効成分:L-アスコルビン酸2-グルコシド、抗炎症成分:グリチルリチン酸2Kを配合したジェルタイプの美容液。

ミノンの美白は、いつもの保湿ラインにこの美容液を1本プラスする形です。

アルージェ ホワイトニングシリーズ

天然セラミド(セレブロシド)が特徴のアルージェ。

美白ラインは化粧水から美容液、クリームまで幅広いラインナップが揃っており、全てにL-アスコルビン酸2-グルコシドと抗炎症成分が配合されています。

アクセーヌ ホワイトエマルジョン セルアップジェルW-CP

百貨店に入っている敏感肌用ブランドのひとつ、アクセーヌ。

薬用美白のアイテムはこのジェルのみで、L-アスコルビン酸2-グルコシドが配合されています。

水分65%のみずみずしいジェルタイプで、価格は1万円超えと少々お高め。

まとめ

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、低刺激なタイプのビタミンC誘導体は敏感肌でも使える可能性が高いです。

化粧水からクリームまで揃っているブランド、美白美容液のみプラスするタイプのブランド、全顔用やスポットタイプ、天然由来成分100%のものなど、たくさんの種類がありますので、自分にあった1本を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌の美白

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.