敏感肌のキレイのヒント

スキンケア化粧品、メイク、ファッションなど敏感肌でもキレイを楽しむ情報をコスメコンシェルジュがお届けします

低刺激なだけじゃダメ!敏感肌を改善するスキンケア選びの3つのポイントとは?

更新日:

敏感肌になってから、敏感肌用化粧品や無添加化粧品など、とにかくピリピリしない低刺激なスキンケアを使ってきました。

でも、ピリピリがないからといって敏感肌が治るわけではないし、むしろ、なんとなく物足りないな?って感じていて……

色々調べたり、試したりするうちに、敏感肌の改善には、ピリピリしないスキンケアだけじゃ足りない!ということが分かりました。

この記事では、敏感肌とはどんな状態なのか?
どんなスキンケアが必要なのか?

ということをお話ししていきますね♡

敏感肌は病気でも体質でもない?!

突然、敏感肌になってしまった方は「私は体質が変わってしまったんだわ!」と感じる方が多いのではないでしょうか?

慢性的に敏感肌が続いていると、「これが自分の体質だから仕方ないんだ」って思っている方が多いのではないでしょうか?

以前は、私も同じように思っていました。

しかし、医学的には敏感肌という病名も、肌質もないのだそうです。

何らかの原因により、肌のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすい状態になった肌を、便宜上「敏感肌」と呼んでいるだけなんです。

ストレスや体調、生活習慣、体質などにより敏感になりやすい方はいますが、そんな方でも工夫次第で調子のいい状態を保つことはできるのです!

【バリア機能が低下する原因】

  • アレルギー(食品、化粧品、花粉、ほこり、ダニ、動物、化学物質など)
  • ストレス
  • 環境の変化(季節の変わり目、転職、人事異動、結婚、出産など)
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ(生理、産前産後、更年期など)
  • 日焼け
  • 間違ったスキンケア
  • アトピー体質 など

先天的に敏感肌になりやすい人はいる

敏感肌は体質ではないと書きましたが…… アトピー家系などで、生まれつき、バリア機能の低下しやすい方というのはいます。

生まれつき、皮脂の分泌機能が低かったり、汗腺の機能が低かったり、天然保湿因子やセラミドを作る機能が低い方が、一定の割合でいることがわかっています。

  • 赤ちゃんの頃からアトピー
  • 子供の頃から乾燥肌
  • 毛穴が見えないくらい小さい
  • 手のひらに細かいシワが多い

といった方は、もしかしたらそういった体質の可能性もあります。

だとしても、正しいケアを続けることで、バリア機能を保つことは可能です。

敏感肌ってどんな肌?敏感肌の特徴とは?

スキンケアの話に行く前に、もう少しだけ、お肌について知っておきましょう。

化粧品がピリピリする、カサカサする、赤みがある、かゆみがあるなど、敏感肌の症状は様々なものがありますが、敏感肌は以下のような状態になっています。

  1. バリア機能が低下している
  2. 乾燥しやすい
  3. 炎症を起こしやすい
  4. ターンオーバーが早い
  5. セラミド不足

炎症というのは、肌荒れ・赤み・かゆみのこと。

敏感肌は、これらがすべて、悪循環でつながっているイメージです。

セラミドが不足しているので、お肌の細胞同士に隙間ができ、水分を保てず、刺激を受けやすい。

刺激による炎症、刺激を再生させるためにターンオーバーが早くなることで、セラミドが作れなくなっているのです。

どこで悪循環にハマるかはわかりません

乾燥から始まったかもしれないし、化粧品にかぶれて炎症から始まったかもしれない。

そしてこの悪循環は、1度ハマると、なかなか自力で抜け出すことが難しいのです。

敏感肌に必要なスキンケア

まず低刺激であることは、いうまでもありません。

それに加えて、以下の3つが重要ではないかな?と考えています。

①保湿

お肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまうので、まずは良質な保湿成分がしっかり配合されているか?

チェックしたいですね。

②抗炎症

肌荒れしていると、ターンオーバーが早くなり、セラミドも減ってしまうので結果的にバリア機能が低下します。

グリチルリチン酸2K、アラントイン、トラネキサム酸など、肌荒れを防ぐ成分が配合された化粧品がオススメです。

ただし、赤み、かゆみ、かぶれなどあまりに肌荒れがひどい場合は、お薬が必要な場合もあります。

症状が続く場合は皮膚科を受診してください。

③バリア機能アップ

3つの中でも、とくに注目したいのが「バリア機能アップ」です!

バリア機能が正常化しない限り、敏感肌の悪循環を断ち切ることはできません。

化粧品に配合されている成分のうち、お肌のバリア機能と関係の深い成分が「セラミド」です。

セラミドは角層の細胞の隙間を埋めている物質のひとつで、セラミドが低下すると、お肌の保水機能が低下し、バリア機能も低下することが分かっています。

セラミドは化粧品の浸透できる場所に存在する成分なので、スキンケアで補うのにも向いています。

バリア機能を高めるスキンケアには、セラミドが配合されたスキンケアがオススメです!

また、セラミド以外にも、メーカー独自の技術により、バリア機能アップの機能を持たせた化粧品もあります。

別の記事で、セラミド配合の敏感肌用化粧品のおすすめランキングをご紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さいね♡

>>敏感肌の改善におすすめのスキンケアランキング

-敏感肌のマメ知識

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 AllRights Reserved.