敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

敏感肌のニキビケア

皮脂を抑制する薬用成分ライスパワーNo.6の効果とは?敏感肌で脂性肌、ニキビにお悩みの方は要チェック

更新日:

敏感肌で脂性肌、テカリがひどい。
敏感肌でニキビに悩んでいる……

そんな方が注目したい、新しい薬用成分が「ライスパワーNo.6」です!

「皮脂分泌を抑制する」効果が、薬用成分として認められたのは、日本で初めてのこと。

しかも、必要以上に皮脂を抑制しすぎることはないため、混合肌さんも安心して使うことのできる成分なんです!

また、これはもしかするとの話ですが…… 漏性皮膚炎の再発を繰り返されている方にも、予防のためのスキンケアとしていいかもしれません。

この記事では、ライスパワーNo.6の効果や、ライスパワーNo.6配合の化粧品についてまとめてみました。

<ライスパワーNo.6コスメ「ライース クリアセラム」のレビューが見たい方はこちら↓>

ニキビ・テカリ・皮脂崩れに悩む敏感肌さんに!ライース クリアセラムNo.6の口コミ

皮脂過剰によるテカリやベタつき、メイクの皮脂崩れや毛穴詰まりが気になる季節ですが、お肌を乾燥させずに ...

続きを見る

スポンサーリンク

日本初!薬用成分ライスパワーNo.6の効果とは?

ライスパワーNo.6は、お米をバイオ発酵させて作られるライスパワーエキスの1つ。

ライスパワーエキスは、皮膚などの生体が本来もつ機能そのものを健康に導く成分で、現在30種類以上の異なる働きを持つエキスが開発されています。

そのうち、薬用成分として有効性が認められたのは、

コーセーなどからすでに発売されている、肌の水分保持能を改善する薬用成分「ライスパワーNo.11」と、今回、新たに認められた薬用成分「ライスパワーNo.6」の2つになります。

⇒化粧品と薬用化粧品の違いについてはこちら

薬用成分ライスパワーNo.6は皮脂線に直接働きかけて皮脂分泌を抑制する

これまで、過剰な皮脂へのアプローチとしては、

  • 洗い流す
  • 拭き取る
  • 吸収する
  • ホルモン治療(医療行為)

などしかありませんでした。

しかし、ライスパワーNo.6は、皮脂を作る「皮脂線」に直接働きかけ、皮脂分泌を抑制するという、全く新しいアプローチをします。

これまでのスキンケアでは、「出てきた皮脂」に対して働きかけるしかありませんでしたが、

ライスパワーNo.6は皮脂の分泌量そのものが変わるワケです。

具体的な効果としては、7日間の連用により、皮脂分泌が平均で60%減少したというデータが発表されていますよ!

成分開発元のプレスリリースでは、さらに詳しいデータが見られます。

⇒勇心酒造プレスリリース

皮脂が抑制されすぎて乾燥するリスクは低い。混合肌さんも使えます

でも、皮脂抑制と聞くと、「乾燥しすぎたらどうしよう!」と不安になりませんか?

特にテカリやベタつきと乾燥を同時に感じる混合肌さんは、ライスパワーNo.6を使うことによって肌が乾燥しないのか?は気になるところだと思います。

実際は、皮脂分泌の少ない部分にライスパワーエキスNo.6を使用しても、乾燥が酷くなることはないというデータが出ているそうです。

(データではむしろ、角層の水分量が上がり適正に近づいたとか。)

ライスパワーエキスは、生体の機能を本来の働きに導いてくれるもので、「肌を乾燥させることなく、余分な皮脂のみを抑制できる」というのがすごく魅力的なんですよ!

つまり、混合肌さんも安心して使うことができる♪ということです。

使用を止めると元に戻る

ただし、ライスパワーNo.6の皮脂抑制効果は、ライスパワーNo.6配合のスキンケアを使用している時だけです。

使用をやめると元に戻るのは、医薬部外品の有効成分として必須なのだそう。

(1度使ったらずっと抑制される、となるとこれはもう医薬品になってしまい、スキンケアには配合できないワケです)

薬用成分ライスパワーNo.6エキス自体は純水よりも低刺激!

そして、敏感肌としては、ライスパワーNo.6の刺激性も気になるところではないでしょうか?

ライスパワーNo.6自体は、純水よりも低刺激という試験結果が出ているそうです。
また、アレルゲンも取り除かれているため、米アレルギーがあっても使える可能性が高いとのこと。

ただし、化粧品として処方が組まれる際に、エタノール(アルコール)や防腐剤が添加されることは考えられます。

ニキビや脂性肌が対象のスキンケアとなると、さっぱりした使用感になることが想像され、エタノールが配合される可能性は高いかもしれません。

新たなアプローチのニキビ予防として

これまで、ニキビ予防の成分といえば、

  • 殺菌成分(サリチル酸、硫黄など)
  • 抗炎症成分(グリチルリチン酸2K)

が主流でした。

ライスパワーNo.6は、毛穴詰まりやアクネ菌増殖の根本的な原因である「過剰な皮脂」を抑制するという新たなアプローチで、ニキビ予防にも繋がりそうです。

もしかすると脂漏性皮膚炎の再発予防にもいいかもしれない

マラセチアという常在菌が過剰に増殖することで鼻やおでこに赤みや湿疹が出る脂漏性皮膚炎。

皮膚科で治療し、完治しても、時間とともに再発を繰り返してしまうという人は多いと聞きます。

マラセチア菌の増殖には過剰な皮脂分泌が関わっているとされており、加齢とともに皮脂分泌が落ち着くと症状も落ち着く傾向があるとか。

もしかすると、皮脂を抑制するライスパワーNo.6が配合された化粧品は再発予防のためのスキンケアとしていいかもしれません。

※症状の治療は、皮膚科でしっかり行う必要がありますよ!
あくまで、完治後の維持の話です。

過剰な皮脂による肌トラブルにはこんなものがあります!

皮脂はそもそも、

  • 肌の水分蒸発を防ぐ
  • 肌の柔軟性を保つ
  • 肌のpHを弱声に保つことで悪玉菌や雑菌の繁殖を防ぐ

といった大切な働きをしています。

しかし、皮脂が過剰になると、

  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • テカリ
  • 化粧崩れ

などの肌トラブルの元になります。

また、過剰な皮脂を餌にカビが繁殖して脂漏性皮膚炎という皮膚病に繋がる場合もあります。

最新の研究では、過剰な皮脂により、肌のハリが失われ、エイジングが加速するというデータも出ているとか。

通常、皮脂分泌は、女性の場合は20代から、男性の場合も40代くらいから、加齢とともに低下していきます。

とくに女性の場合、閉経を境に皮脂分泌がガクンと低下するため、皮脂不足による乾燥に悩まされる人が増えます。

しかし最近では、

  • 食生活の乱れ(脂質や糖質の取りすぎ)
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

などにより、歳を重ねても皮脂分泌が落ち着かず、皮脂トラブルに悩まされ続ける人が増えているのだそうです。

ライスパワーNo.6配合の薬用化粧品ブランド

ライースリペア「クリアセラム」

ライスパワーNo.11を開発した勇心酒造のライースリペアから出ている美容液が「クリアセラム」です。

化粧水のあと、いつものお手入れに1本プラスするだけでOK。

10日間のトライアルサイズを試してみましたが、1週間くらいでだんだんテカリが落ち着いてきて、なかなか良かったですよ。

公式サイト公式サイト【ライース クリアセラムNo.6】

ニキビ・テカリ・皮脂崩れに悩む敏感肌さんに!ライース クリアセラムNo.6の口コミ

皮脂過剰によるテカリやベタつき、メイクの皮脂崩れや毛穴詰まりが気になる季節ですが、お肌を乾燥させずに ...

続きを見る

ライスフォース「アクポレス」

ニキビ・毛穴ケアの通販化粧品ブランド「アクポレス」が、4/24にライスパワーNo.6配合の化粧品へとリニューアル!

水色のボトルから黄色いボトルに変わります。

  • アクポレス リフレッシュスキントナー(ふき取り化粧水)
  • アクポレス ポアミルクジェリー(毛穴用美容ジェル)
  • アクポレス アクネクリアジェリー(ニキビを防ぐ美容ジェル)

の3点にライスパワーNo.6が配合されていますよ。

一般的なニキビ予防化粧品と比べると、少々お高めなのですが、ポアミルクジェリーアクネクリアジェリーはオールインワンゲルとしても使えるらしいので、まずは単品で取り入れてみるのもいいかも。

4/24から、新バージョンのトライアルセットも購入できるようになります。

まとめ

皮脂線そのものに働きかけ、皮脂分泌を抑制してくれる新しい薬用成分についてご紹介しました。

これまで皮脂対策のスキンケアというと、肌への負担が大きかったり、刺激や乾燥感が強めだったりして、敏感肌さんは取り入れにくかったのではないでしょうか?

ライスパワーNo.6は、これまでの皮脂ケア化粧品、ニキビケア化粧品とはまったく違ったアプローチで働きかけてくれます。

ニキビ、テカリ、毛穴、混合肌でお悩みの方、ぜひ発売したらチェックしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
管理人 YUKA

管理人 YUKA

30代 乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュのYUKAです。 部屋が片付けられない女子(?)ですが、メディアではできるだけたくさんの情報を整理して、分かりやすくお伝えできればと思います。 何かひとつでも、お役に立つことがあれば嬉しいです。 >>詳しいプロフィールはこちら

-敏感肌のニキビケア

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.