敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

調子のいいお肌をキープするコツ

敏感肌に必須!簡単なパッチテストのやり方とスキンケア化粧品の切り替え方

更新日:

新しい化粧品を使う時、パッチテスト、やっていますか?

「やった方がいいのはわかっているけれど、面倒でやっていない」という方が多いのではないでしょうか?

今回は、パッチテストをしないで痛い目にあった私の体験談と、簡単なパッチテストのやり方。

新しいスキンケア化粧品に切り替える時のコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク

パッチテストとは?なんで必要なの?

パッチテストとは、実際に化粧品を少量肌に塗って、化粧品かぶれを起こさないかどうか?を調べるテストです。

化粧品かぶれとは、化粧品を塗ったことにより、赤み・腫れ・湿疹・かゆみ・痛みなどの炎症反応が起こること。

  • 刺激によるかぶれ
  • アレルギーによるかぶれ

の2種類があります。

刺激によるかぶれは肌の状態によって、反応が出たり出なかったりしますが、アレルギーの場合、1度反応が出ると、ほぼ毎回、反応が出るようになります。

実際に化粧品を人の肌に塗って、24時間〜48時間後に肌の反応を確認する試験が行われた化粧品には「パッチテスト済み」と記載されていますが、

敏感肌の方は、パッチテスト済みの化粧品であっても、使う前に自分の肌でパッチテストをしたほうが安全です。

自分でできる簡単なパッチテストのやり方

化粧水、クリームなど塗りきりの製品

  1. お風呂上がり、二の腕の内側にテストしたい化粧品を、10円玉程度の大きさに塗る。
  2. 化粧品を塗った部分を濡らさないように保つ。
  3. 24時間経過を見て、赤みやかゆみが出ないことを確認する。
  4. フェイスラインから少しずつ試してみる。
    大丈夫そうなら、顔全体に。

クレンジング・洗顔・シャンプーなど洗い流す製品

  1. 二の腕に塗った後、3分ほどで洗い流す。
  2. 24時間後に反応を確認する。

パッチテストの注意点

テストする化粧品をいくつも塗り重ねてはダメです。
化粧水に乳液を塗り重ねて…… とかはNG。

かぶれた場合、どちらの製品が肌に合わなかったのかわからなくなります。

◉いくつかまとめて調べたい時は、印をつけて、ずらして塗るなど工夫をしてください。

◉テストをする時は、ボディクリームや日焼け止めなど、テストする化粧品以外のものが付かないように気をつけましょう。

◉間違ったスキンケアなどが原因で、顔の皮膚のみバリア機能が破綻している場合もあります。

腕のパッチテストがOKでも、顔につけるとアウト!という方もいるので、パッチテストがOKでも、初めて顔につける時は慎重に

◉その他、絆創膏で密閉する方法もありますが、敏感肌の場合、絆創膏で密閉したせいで蒸れてかぶれたり、絆創膏自体にかぶれる場合もあるので、敏感肌さんには絆創膏を使わない方法をおすすめしてます。

化粧品でかぶれてしまったら……

化粧品でかぶれてしまったら、まずはその化粧品をよく洗い流し、様子を見ます。

かぶれが酷い・炎症が広がっていく場合は、念のため皮膚科を受診しましょう。

かぶれた成分を特定する方法。調べることはできるの?

よく「かぶれの原因となる成分を特定し、避けるようにしましょう」などと書いてありますが、実際に成分を特定するのはかなり難しいです。

化粧品には様々な成分が使われていて、どの成分に反応しているのか?分かりませんし、成分ごとに1つ1つパッチテストをすることは現実的に難しいからです。

(皮膚科でも、化粧品自体が肌に合うかパッチテストしてくれるところはありますが、成分そのもののパッチテストをしてくれるところは、あまり無いように思います。)

私がよくやるのは、とにかく普段から、写メなどで使った化粧品の全成分を控えておくこと。

なるべく低刺激で成分がシンプルな化粧品を選び、刺激が出た時の全成分、出なかった時の全成分、両方とも記録をつけていきます。

地道に続けていく中で、成分を比較していくと、なんとなく原因の成分に見当をつけることはできます。

どの製品でかぶれたのか分からない時は……

「何でかぶれたのかわからない!」という場合、どの化粧品でかぶれたのか?パッチテストで判定してくれる皮膚科もあるようです。

また、かぶれた部位により、原因となった商品をある程度、見当をつけることもできます。

顔全体 化粧水、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、下地、ファンデーション、白粉、洗顔石鹸、クレンジングなど
目の周り アイシャドウ、アイライナー、マスカラ、アイクリーム、目薬、ビューラー(ゴムや金属)など
唇・口周り 口紅、リップクリーム、歯磨き粉など
頭・首 シャンプー、トリートメント、整髪料、ヘアカラー、パーマ、ネックレス、衣類など

その他、日光、衣類、アクセサリー、食品など、化粧品以外のものでかぶれた可能性もあります。

パッチテストをしなかったせいで皮膚科にお世話になった私の体験談

それは、私がまだ20代前半の頃……

雑誌で見かけた化粧品を何も考えずに使って、私は初めて「化粧品かぶれ」を経験することになりました。

その化粧品はスイスで生まれた有名なオーガニックコスメで、天然成分100%と書いてあり、とてもお肌に優しそうでした。

つけた瞬間は特に刺激もなく、「なるほど、これがオーガニックコスメかぁ」なんて思っていると、数分後、なんだか顔がムズムズしはじめたんです。

「なんだろう?なんか痒いかも…… 」なんて考えている間も無く、みるみる赤くかぶれてきて、顔〜首が赤く腫れ上がってしまったのです!

痒いし、ヒリヒリするし、すぐに顔を洗いましたが時すでに遅く……

帰宅した母がビックリして、そのまま皮膚科に直行するハメになったのでした。。。

結局その日は、軽いステロイドのお薬とワセリンをもらって帰りましたが、1週間はメイク禁止に。

赤みが落ち着いてから、今まで使っていた化粧品に戻そうとしましたが、使えていたはずの化粧品までピリピリして、合わなくなってしまったのです。

「化粧品かぶれって怖いわぁ」と、身をもって知ったのでした。

その他、新しい化粧品に切り替える時にできること

化粧品を切り替える時は、生理の前後、体調の悪い時、肌の調子の悪い時を避けてください。

なるべくお肌の調子のいい時を選びます。

(お肌の調子が悪くなって、化粧品を変える方も多いと思いますが、あまりいいタイミングとは言えないのですね)

また、敏感肌の方が化粧品を切り替える時は、1度に全ての化粧品を切り替えるのはNG

肌に合わなかった時、どれが合わなかったのか?分からなくなります。
メイクとスキンケアを同時に変えるのもNGです。

スキンケアをラインで切り替えたい時は、お肌に遠いところから切り替えるのが基本です。

  1. まずはクリームや乳液を試して数日様子を見る
  2. 次に化粧水を試して数日様子を見る
  3. 最後に洗顔やクレンジングを試す

といった感じで、1度に切り替えず、少しづつ切り替えるようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-調子のいいお肌をキープするコツ

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.