敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣などキレイになれるヒントをお届けします。

乾燥性敏感肌の保湿

乾燥性敏感肌用の乳液先行スキンケア!オウンセラ トライアルセットを使ってみた口コミ。天然セラミドでお肌プルプル

更新日:

乳液先行のスキンケアといえばアルビオンやコスメデコルテがお馴染みですが、敏感肌用の乳液先行スキンケアがあるのをご存知ですか?!

今回、私がお試しした「オウンセラ」は、天然セラミドをたっぷりと配合したアルコールフリーの乳液先行型スキンケア!

乾燥性敏感肌のための3ステップで、美容パック並みのうるおい肌へ。
デパコスは「アルコールがキツイ」「香りがキツイ」と感じる方にもオススメです。

オウンセラは天然セラミド配合!乾燥性敏感肌のための化粧品

オウンセラ(Owncera)は、洗顔パスタで有名な「ロゼット」の乾燥性敏感肌用のスキンケアです。

特徴は、乳液先行型のスキンケアで天然セラミドをたっぷり肌に補給できること!

ロゼットというと石鹸のイメージがとても強いのですが、実は20年以上に渡って「セラミド研究」に力を入れてきた企業でもあるんです。

乾燥性敏感肌は、角層内のセラミドが減少し、うるおいを保てない状態。
スキンケアでセラミドをたっぷり補うのは、乾燥性敏感肌のスキンケアの基本です!

乳液先行って何がいいの?

実はセラミドは、化粧水よりも乳液やクリームのほうがたくさん配合することができるんです。

そこで、洗顔後のまっさらな肌に、天然セラミドたっぷりの乳液を真っ先に取り入れるのがオウンセラ流のスキンケア!

セラミドを補給して保水力を高めたところに、化粧水でうるおいとともに角層のすみずみまで天然セラミドを届け、最後にまたセラミド配合の乳液やクリームでフタ!

「セラミドサンドイッチ」により、保水力の低下した乾燥性敏感肌にもたっぷりとうるおいを届けることができるんです。

無香料・無着色・アルコールフリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリーの低刺激処方なので、敏感肌でもトライしやすいですね。

天然セラミドとは?

別名「馬セラミド」「セレブロシド」などとも呼ばれる、馬由来のセラミドです。
 
ヒトのセラミドに近い天然由来の成分であり、角層の隙間を満たすように馴染み、乾燥や外部刺激からお肌を保護してくれます。
 
セラミドには、化学的に合成されるセラミド類似成分、酵母発酵によって培養されるヒト型セラミド、植物由来の米セラミドなど様々な種類がありますが、馬由来の天然セラミドは貴重で高価な成分といわれています。

オウンセラ ベーシックケア3点セットを使ってみました

洗顔パスタはドラッグストアでも売っていますが、オウンセラは通販化粧品になります。

私は乾燥性敏感肌なので、まずは肌に合うかお試ししたいな!
ということで、トライアルセットを使ってみましたよ。

セット内容はこちら。

  1. バランシングミルク(乳液)
  2. アクアトリートメント(化粧水)
  3. リペアフィルム(クリーム)

1,080円(税込・送料無料)で、3日間、ベーシックなラインをお試しすることができます。

バランシングミルクを使ってみました!

まずは洗顔後の乾燥しがちなお肌を、乳液を使ってやわらげていきます。

水分・油分バランスを整え、あらかじめ天然セラミドを補っておくことで、次
に使う化粧水も肌に馴染みやすくなるそうです。

乳液先行ということで、アルビオンやコスメデコルテのようななめらかなミルクを想像していましたが、全然っ違う!

杏仁豆腐のような、モッタリとした固めのテクスチャーのミルクなんです。

無香料とのことですが、ほのかに爽やかな香りがあります。
無添加化粧品によくある薬っぽい原料臭ではなく、なんかいい香り。

使い方は、10円玉大(ポンプ1〜2押し)を目安に手に取り、顔全体に馴染ませます。
手を使って馴染ませる、という部分も、アルビオンとは違いますね。

こんな固めのミルク、洗顔後の肌に本当に馴染むのかな?と少し不安でしたが、肌に乗せてみると、柔らかく解けるように広がり、肌に溶け込むように一体化していく感じ。

お肌がゆるっとほぐれて柔らかく、しっとりモッチリとしたお肌に!

「さっぱり」とありましたが、バランシングミルク1本でもかなり潤います。
夏はオールインワンとしてでも使えるんじゃないか?と思うような満足感がありますね。

アクアトリートメントを使ってみました!

化粧水の天然セラミドは微小化されていて、角層のすみずみまでうるおいを届けてくれるそうです。

アルビオンの化粧水はお肌の引き締めを目的としているため、アルコールがかなりキツイので私は苦手なのですが、オウンセラはアルコールフリーなのが嬉しい。

トロッとトロミのある、少し白濁した化粧水です。
使い方は、500円玉大を手に取り、顔全体を包みこむようにじっくりと馴染ませます。

手のひらが吸い付くようになったら、うるおったサイン。

乳液の後のこの化粧水、乾燥肌の私でも「ちょっと重いな」って感じました。
アルコールが揮発しないぶん、浸透するのに時間がかかり、ややベタつきます。

500円玉大を一度に馴染ませるのはちょっと無理だったので、数回につけて馴染ませてみましたが、手のひらで包み込んで、優しく押さえるように馴染ませてあげるといいみたい。

化粧水が浸透すると、手のひらがビトーっと吸い付くようなモチモチのお肌になります!

手のひらにもけっこうベタつきが残るので、この化粧水は好みが分かれそう。

使用感はアルビオンやコスメデコルテの方がさっぱりして好む人が多そう。
でも保湿効果は、圧倒的にオウンセラが上!

すんごいしっとり、化粧水の時点で、指を押し返してくるような弾力に嬉しくなります♪

手のひらがネトっとして洗いたくなるけれど、そのぶん、お肌はしっとりうるおってる。
乾燥肌にはやはり、オウンセラの方が向いている気がしますね。

リペアフィルムを使ってみました!

化粧水の後は、しっとりしたい方はリペアフィルム(クリーム)を、さっぱり仕上げたい方は再びバランシングミルクを使います。

トライアルセットでは、リペアフィルムを使うことになっています。

高い密封力で、お肌を保護する働きにも優れているそうです。

バランシングミルクをさらに固くしたような、こってりモッチリな不思議なテクスチャー。

使い方は、パール粒大を手に取り、顔の内側から外側へとゆっくり馴染ませます。
固めのクリームですが伸びはよく、少量でお肌全体をコーティングしてくれる感じ。

重たいクリームですが、不思議と化粧水のベタつきを抑えてくれる感じがします。

クリームの馴染んだお肌は、まるで高級シートマスクを外したばかりの肌のようにプルンプルンっ!

モチモチを通り越してる!

「なにこのうるおい〜!これ、本当に私の肌なの?!」って感動。
なんども触って確認してしまいました(笑)

保湿効果が高いぶん、多少ベタつくのですが、化粧水に比べれば許容範囲かと。

「ちょっとベタつくくらいがちょうどいいのよ〜」なんて乾燥肌さんには、とてもいい保湿クリームだと思いますよ♪

低刺激なだけでは満足できない方にオススメ、超高保湿な化粧品でした

保湿効果がとにかく優秀で、プルンプルンのお肌に感動したオウンセラ。

特にバランシングミルクは気に入ったので、本商品購入を考えてもいいかな?と思ったのですが、唯一気になるのがコスパかな。

ボトル1本で1ヶ月しか持たないようなので……

定期割引などは無いようですが、ポイントが溜まると割引になるそうです。
また、トライアルセットには、本商品が10〜15%OFFになるクーポンも付いていましたよ!

低刺激なだけじゃ、満足できない!
そんな乾燥性敏感肌さんには、1度お試ししてみてほしいスキンケアでした♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-乾燥性敏感肌の保湿

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.