敏感肌のキレイのヒント

スキンケア化粧品、メイク、ファッションなど敏感肌でもキレイを楽しむ情報をコスメコンシェルジュがお届けします

敏感肌でも美肌になる!基本のお手入れ【保湿編】本当に必要なスキンケアとは?

更新日:

敏感肌の私が実践している保湿ケアについてまとめました!

  • どんなスキンケアが必要なのか?
  • スキンケアの足し算引き算の考え方
  • アイテムを選ぶ基準

などを、経験も踏まえて私なりにまとめています。

スポンサーリンク

肌が敏感な時ほどシンプルケアを心がける

お肌はもともと、外部刺激が体内に侵入しないよう守るためのバリアです。

たとえスキンケアであっても、お肌にとっては異物です!
お肌自身が、浸透させるものとさせないものを区別することはできません。

健康なお肌であれば、化粧品の保湿成分がいい方向に働きますが、バリア機能の低下した敏感肌では、スキンケアでさえ負担になる場合もあるのです。

かといって、何もしなければ荒れてしまう。

敏感肌は保水力やバリア機能が低下しており、炎症を抱えがちな敏感肌はサポートが必要な状態です。

お肌が敏感な時ほど、シンプルな成分でできた化粧品による、シンプルなスキンケアがお肌の負担が少なくオススメ。

私自身は、

  1. 余分な成分が配合されていない
  2. お肌にもともとある成分が中心
  3. シンプルな処方

といった点に注意して保湿剤を選ぶようにしており、今のところ、それで上手くいってます。

セラミド配合のクリームを保湿の基本に

日本人は世界で1番、化粧水が好きな人種なのだそうで、「スキンケアといえば化粧水!」という方も多いと思います。

でも私は、敏感肌のお手入れは、「セラミド配合のクリーム」を基本にするといいと思います。

理由は3つ。

  1. 低刺激でコンティションを気にせず使いやすい
  2. 水分と油分をバランスよく補える
  3. 保湿力が高くバリア機能強化につながりやすい

スキンケアは水分が多いほど刺激になりやすく、オイルのように水分が少ないほど低刺激です。
クリームは油分中心で、荒れた肌にも馴染みやすく、オイルより使用感もいいですしね♪

バリア機能と関係の深い「セラミド」や、抗炎症成分が配合されたものを選んでください。

クリームとひとことで言っても、バーム状のものから、こっくりしたオイルリッチなクリーム、みずみずしいジェルクリームなど様々なものがあります。

お肌がとくに荒れている時はバームタイプ、乾燥が気になる時はオイルリッチなこっくりタイプ、油分が多すぎてニキビができやすい方はジェルクリームがオススメ。

肌質に合わせてお気に入りを見つけてみてください。

お肌の状態がよければ化粧水をプラス

化粧水は、お肌の調子のいいときにプラスすると、いい方向に働いてみずみずしいふっくらお肌になれます!

人は本能的にみずみずしい感触に心地よさを感じるそうで、リラックス効果もあるのだとか。
みずみずしく潤ったお肌の方が、クリームの馴染みも良くなりますしね。

個人的には、アミノ酸が配合された化粧水がお気に入りです♪

クリームでセラミド、油分を補えば、お肌の3台保湿成分「皮脂・細胞間脂質・天然保湿因子」をバランスよく補うことができますよ!

化粧水を使うとピリピリする時は、お肌のバリア機能が低下して、負担になっています。

無理に使わず、クリームのみのスキンケアで様子をみてください。

クリームがしみる時はプロペトやサンホワイト

クリームでさえしみる時は、洗顔後、ワセリンのみのシンプルなケアでお肌の回復を待ちます。

ワセリンは傷に塗っても刺激がないほど低刺激、肌に浸透せず、保護効果が高いのが特徴です。

ワセリンにも不純物の多いもの〜少ないものまで品質が分かれていて、敏感肌には不純物の少ないプロペトや、さらに高純度に精製されたサンホワイトがオススメです。

かなりベタつくので薄く塗ることと、メイク前はティッシュオフをした方がいいかもしれません。

お肌の状態に合わせてスキンケアは変えるべき

敏感肌は、ちょっとしたことで刺激を感じ、炎症を起こします。
だからお肌の状態に合わせて、スキンケアを加減してあげるべき。

私の場合、お肌の状態に合わせてスキンケアを変えるようになってから、少しバランスを崩しても、早めに立て直せるようになりましたよ!

基本は、

敏感な時ほどアイテムを減らして、低刺激に
調子のいい時は、少し手をかけてもOK

使っていて、赤み・かゆみ・刺激がないスキンケアが、今、肌に合っているスキンケア。

逆に赤みが増す、ムズムズする、ピリピリなどを少しでも感じるなら、お肌はそのスキンケアを受け入れる準備ができていません。

炎症のない、バリア機能の正常化したお肌が目標です!

忘れてはいけないのは、化粧品が炎症やバリア機能を治すのではなく、お肌自身が回復するしかないということ。
お肌が自分で立ち直れるように、刺激から守ってあげるのが、敏感肌に最低限、必要なスキンケアだと思うのです。

お肌に受け入れる余裕が出てきたときに、栄養を与えてあげれば、回復も早まるかもしれません。

実際にやってみると難しいのですが、私なりに何年も試行錯誤して出した答えです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

敏感肌の私が愛用する化粧水、教えます♪

敏感肌の私は、これまで色んな敏感肌用のスキンケアを試してきました。

もしもあなたが「何かオススメを教えて欲しい!」と思っているなら、こちらの記事を参考にしてみてくださいね♡

⇒敏感肌用化粧水 おすすめ3選♪

-敏感肌のマメ知識

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.