敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

乾燥性敏感肌の保湿

界面活性剤・防腐剤不使用のセラミド美容液!レヴィーガ モイスチュアセラムを敏感肌が使ってみた口コミ

投稿日:

今回ご紹介するレヴィーガモイスチュアセラムは、界面活性剤も防腐剤も使わず、お肌(角層)の構造を再現した美容液!

お肌により近い形で、セラミド美容を取り入れることができる美容液です。

今回は、そんなレヴィーガモイスチュアセラムを実際に使ってみたので、おすすめポイントや率直な感想などをご紹介していきますね!

公式サイトLEVIGAモイスチュアセラム

スポンサーリンク

皮膚の専門家がプロデュース!肌そのものを再現した美容液

レヴィーガモイスチュアセラムは、日々100人以上の患者と向き合う皮膚の専門家がプロデュースした新発想の美容液!

乾燥・年齢・季節・ホルモンバランスの変化などでお肌がゆらぐ、その全てのきっかけとなる「角層のラメラ構造」に着目した美容液なんです。

肌にとって、何が自然な状態かを考え、数種類の独自技術により「肌そのものを再現」しているのがポイント!

肌表面のスキンフローラと肌内側のラメラ構造。
外側と内側から働きかけることで、敏感肌をケアするエイジングケア美容液なんです♪

界面活性剤は不使用!お米&乳酸菌発酵のチカラでラメラ構造を再現

肌表面で水分をキープしている「角層」は、水と油が何層にも重なった構造をしており、これを「ラメラ構造」と言います。

健康な肌では、水と油分の層がキレイに見えますが、乾燥肌や敏感肌は水と油の層が乱れているため、水分を上手に保てない状態なんです……

レヴィーガモイスチュアセラムは、美容液自体が100%ラメラ構造でできており、素早く肌に馴染んでしっとりとうるおいをキープ!

ラメラ構造だから、お肌の潤いに欠かせない「セラミド」も、お肌に近い形で取り入れることができます。

通常、ラメラ構造の化粧品を作るには界面活性剤(乳化剤)が必要になりますが、レヴィーガモイスチュアセラムは、お米と乳酸菌の発酵法をうまく利用して、界面活性剤を使わずにラメラ構造を作ることに成功!

また、水の代わりに酸素水を使った、世界初の「酸素ラメラ」でもあります。

これまで真皮からしか供給されることのなかった酸素を補給できる、画期的な化粧品なのだそうですよ!

スキンフローラに着目

もうひとつ、お肌のバリア機能を担う存在として最近、注目を集めているのが「皮膚常在菌(スキンフローラ)」です。

腸内に腸内細菌が住んでいて、腸の調子を整えているのと同じように、肌にも皮膚常在菌が住んでいて、お肌の調子を左右しているのです。

スキンフローラはバランスが大切で、善玉菌が優位の場合は皮脂膜がうまく作られ、バリア機能の整った弱酸性のうるおい肌を保つことができますが、

悪玉菌が増えてしまうと、バリア機能が低下し、皮脂膜が保たれず、肌のpHバランスが崩れ、ニキビや肌荒れなど炎症を起こしやすくなってしまうのです。

レヴィーガモイスチュアセラムには、スキンフローラに着目した3つの成分が配合されていますよ!

  1. フェカリス菌(エンテロコッカスフェカリス)
  2. バイオエコリア(α-グルカンオリゴサッカリド)
  3. 乳酸菌代謝産物(乳酸根菌/ワサビ根発酵エキス)

10の成分不使用

レヴィーガモイスチュアセラムは、敏感肌でも続けやすい「10の成分不使用」もポイント!

【不使用成分】
界面活性剤、防腐剤、エタノール、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、動物由来、シリコン、旧指定成分

最近よく見かける「植物由来の界面活性剤」「アミノ酸掲載面活性剤」も使われていませんし、

「パラベン8種類、フェノキシエタノール、安息香酸、ソルビン酸、サリチル酸、ペンタンジオール、ヘキサンジオール、プロパンジオール、エチルヘキシルグリセリン」といった、無添加化粧品やオーガニック化粧品によく使われる防腐剤も使われていません。

(BG、乳酸根菌/ワサビ根発酵エキス、トコフェロールなどスキンケア成分の防腐効果を利用しているのだと思います)

レヴィーガ モイス美セラムを敏感肌の私が使ってみました!

優しいクリーム色とゴールドのシンプルなパッケージで、高級感があります。

いい意味で、敏感肌用の化粧品ぽくない洗練されたデザインが気に入りました。

容器はスリム&スタイリッシュな感じで、第一印象は「小さいな…… 」
でも内容量40ml、1ヶ月分と考えればこんなものかな、と。

防腐剤不使用なので、早めに使い切って欲しいということかもしれません。
防腐剤不使用のファンケルとかも、使い切りですものね。

出し口は大きめのポンプ式。
さらっとした美容液なので詰まることもなく、使いやすかったです。

量が減ってくると出にくくなってきますが、ポンプをくるっと外して、へらなどで出そうと思えばできますね。

商品にこれだけこだわりが詰まっているのだし、最後までスッキリ使いきれる、エアレスポンプになっていたらもっと良かったなぁ……

レヴィーガ モイスチュアセラムは、トロ〜ンとゆるめの乳液状美容液。

無香料ですが、発酵コスメということで無臭ではないです…… ほのかに原料の香りがしますが、イヤな香りではありません。

使い方は、化粧水の後にレヴィーガモイスチュアセラムを使ってもいいですし、オールインワン美容液として1本でケアしてもいいそうです。

1回、3〜4プッシュを馴染ませればOK。
私は2プッシュを馴染ませた後、さらに2プッシュを馴染ませています。

ゆるめの乳液なので伸びがよく、すぐに顔全体に行き渡り、お肌に吸い込まれるように素早く馴染みます。

私は乾燥性敏感肌なので、すぐにお肌が固くなってしまうのですが、そんな私のお肌にも一体化するように馴染み、ふっくらと水分を補給!

お肌がやわらかくモチっとして、弾力がアップする感じです♪

しかし、肌馴染みが良すぎるのか、お肌にぜんぶ吸収されてしまう感じで、最終的にお肌表面にうるおいが残る感覚がありません……

するんっとサラサラ。

ベタつかずサラッとしているので、「保湿しすぎるとニキビができちゃう」なんて方にはいいかもしれませんが、いつもコッテリ保湿している私としてはこれで終わるのは物足りない感じでした。

使っているうちに肌が慣れてくるかな?
これが肌本来のあるべき姿なのかも…… 

と思って、オールインワン美容液として数日使いましたが、やはり1本では乾燥してしまう。
肌馴染みは問題ないので、化粧水というより、フタが欲しい感じ。

というわけで、レヴィーガモイスチュアセラムのあと、美容オイルを少し足すと、お肌の調子がとても良くなりました♪

商品自体はとてもいいものなので、お肌の調子に合わせて、使い方を工夫するといいかもしれません。

公式サイトLEVIGAモイスチュアセラム

レヴィーガモイスチュアセラムの全成分

水、BG、ホホバ種子油、スクワラン、ベヘニルアルコール、乳酸根菌/コメ発酵物、酸素、エテロコッカスフェカリス、α-グルカンオリゴサッカリド、乳酸根菌/ワサビ根発酵エキス、グルコシルセラミド、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、α-グルカン、ユズ果実エキス、メマツヨイグサ種子エキス、カンゾウ根エキス、ダイズステロール、水天レシチン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA、PCA-Na、乳酸Na、トコフェロール、クエン酸、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、マルチトール、水添パーム油、カルボマー、キサンタンガム、水酸化K

レヴィーガモイスチュアセラム

内容量

40ml(1ヶ月分)

価格

通常価格 7,980円(税込)

定期:初回限定1,980円 
(2回目以降 4,980円)

定期コースは1回のみでも解約できるので、定期コースがオススメです。
(解約はネットではなく、電話のみ受付)

無添加へのこだわり

界面活性剤、防腐剤、エタノール、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、動物由来、シリコン、旧指定成分は全て不使用。

アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済み。

こんな方におすすめ

超敏感肌、乾燥性敏感肌、脂性敏感肌、ゆらぎ肌

トライアルセット

なし

公式サイトLEVIGAモイスチュアセラム

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-乾燥性敏感肌の保湿

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.