敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣などキレイになれるヒントをお届けします。

敏感肌の美白

敏感肌でも使える?シミを薄くする新安定型ハイドロキノンの効果と使い方、おすすめブランドなど

更新日:

シミに効く成分として人気のハイドロキノンですが、敏感肌には刺激が強い場合も……

それでもシミを諦められない!という方がたどり着くのが、今回ご紹介する「新安定型ハイドロキノン」です!

この記事では、新安定型ハイドロキノンは通常のハイドロキノンと何が違うのか?
敏感肌でも使えるのか?敏感肌におすすめのブランドは?といった点をご紹介していきますね。

ハイドロキノンの問題点と敏感肌に向かない理由

ハイドロキノンは、アルブチンの100倍ともいわれる強力なメラニン抑制作用があり、黒色メラニンを還元して薄く戻す働きもあることから、「シミに効く成分」として人気があります。

いちごや麦芽など自然界にも存在する成分で、化粧品の成分としては2001年から濃度の制限付きで、配合が許可されています。

しかし、ハイドロキノンは酸化によって刺激物質に変化する性質があり、やや刺激が強めで、アレルギーを起こす懸念もあるため、敏感肌にはオススメできない成分となっています。

敏感肌でも使える?新安定型ハイドロキノンとは?

新安定型ハイドロキノンは、セタルコニウムクロリド(BCDAC)という物質と合体させることで、安定性を高め、酸化しにくくしたものです。

新安定型ハイドロキノンには徐放性があり、12時間かけてゆっくりとハイドロキノンが肌に放出されます。
成分が一気に肌に触れないため、刺激が抑えられています。

敏感肌でシミに悩んでいる方は、お肌の調子を見ながらトライしてみるのもアリだと思いますよ。

ただし、新安定型ハイドロキノン1%中に含まれる純粋なハイドロキノンの量は半分以下となるため、同じ濃度で比較した場合の効果はハイドロキノンに劣る、ともいわれています。

新安定型ハイドロキノンのシミへの効果

新安定型ハイドロキノンの働きは、ハイドロキノンとほぼ同じです。

細胞毒性によってメラニンを作る細胞「メラノサイト」そのものの働きを低下させ、メラニン生成に不可欠の「チロシナーゼ酵素」の働きを抑制し、メラニンの生成を防ぎます。

また、すでにできた黒色メラニンを還元して、薄い色に戻す働きもあります。

市販されている化粧品の成分の中では、もっともシミに効果が期待できる成分といえるでしょう。

ただし、長期使用によって肌が反応しにくくなるという話もあります。
長期使用はせず、3ヶ月使ったら休止するのが無難かと思います。

新安定型ハイドロキノンの使い方の注意

肌の調子が悪い時は使用を控える

刺激が抑えられているとはいえ、大手化粧品が手を出さないのは、他の成分に比べて刺激やアレルギー性の懸念があるからです。

肌の調子が悪い時は、無理をせず使用を控えましょう。

肌に合わない場合はすぐに止めること

シミに悩む方にとってハイドロキノンは魅力的な成分ですが、ハイドロキノンが肌に合わない体質の方はけっこういます。

赤み・かゆみ・熱感・皮剥けなど、普段と違いを感じた場合は素直に使用を中止しましょう。

ハイドロキノンほどではありませんが、ビタミンC誘導体も色素沈着に効果があるとされています。

敏感肌でもビタミンC誘導体で美白できる?低刺激な成分の選び方とオススメの商品、教えます

商品ごとの使用量と使い方を守ること

非常にデリケートな成分のため、

  • 使用量
  • 使い方(スポットか、全顔か)
  • 使用頻度(1日2回か、夜のみか)
  • 使用可能期間(3ヶ月使ったら休止するなど)

などが細かく決まっている場合が多いです。

トラブルを避けるため、必ず定められた使い方を守りましょう。

日焼け止め・紫外線対策を徹底すること

新安定型ハイドロキノンはメラニン生成を強力に抑制するため、肌が紫外線ダメージを受けやすくなります。

ハイドロキノンを使いながら日焼けすると、逆にシミが濃くなってしまう場合も。

必ず日焼け止めを塗り、日傘などで紫外線対策をしっかり行いましょう。

エアレス容器を選び、早めに使い切ること

中身が空気に触れないエアレス容器を採用しているブランドが安心です。
開封後は、早めに使い切りましょう。

ドクターズコスメが安心感が高くおすすめ

新安定型ハイドロキノンを配合したブランドはいくつかありますが、個人的には、普段からハイドロキノンの扱いに慣れているドクターが開発したドクターズコスメが安心感が高いですよね。

そこで、私がオススメしたいのが、シミ・肝斑外来もある美容クリニックの医院長が開発したドクターズコスメ「アンプルール」です!

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、新安定型ハイドロキノンが2%配合された美容液。

スポットタイプで気になる部分に集中的に使います。

敏感肌の私は以前、他社のハイドロキノンにトライして赤み&皮剥けを起こし撃沈しましたが、アンプルールは問題なく使えましたよ♪

私の場合は、気になるシミがちょっとずつ薄くなったり、輪郭がぼやけてきたりしています。
やはり、美白化粧品とはちょっと違うなーという感じ。

コンセントレートHQ110もお試しできるトライアルセットがあるので、まずは肌に合うかお試しを。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌の美白

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.