敏感肌のキレイのヒント

スキンケア化粧品、メイク、ファッションなど敏感肌でもキレイを楽しむ情報をコスメコンシェルジュがお届けします

カネボウの敏感肌用化粧品フリープラス使ってみた!トロミ化粧水でもっちりなめらか肌

投稿日:

カネボウのカウンセリング化粧品 フリープラス(free plus)の化粧水と乳液を使ってみました!

透明感のあるシンプルなパッケージがお肌に優しそうで、口コミ評価も全体的に高め。

一応、敏感肌を想定して作られたラインということですが、超がつくほどの敏感肌というよりは、生理前、産前産後、季節の変わり目などで一時的なゆらぎを感じる方のためのブランドかなーという感じ。

こっくりオイルリッチな使用感が好きな方より、さっぱりとしたジェルぽい感触を好む方にオススメです。

フリープラスってどんなブランド?

フリープラスはカネボウの敏感肌研究から生まれたブランド。

肌を保護して潤いを与え、健やかな肌を育む低刺激処方のスキンケアシリーズで、角層バリア機能の働きをサポートする「6つの和漢植物エキス」と「ナイアシンB」を配合しているのが特徴です。

6つの和漢植物エキスは、

  1. タイソウエキス(大棗)→ ターンオーバー改善作用
  2. センキュウエキス(川芎)→ 消炎、血行促進作用
  3. チンピエキス(陳皮) → 消炎、血行促進作用
  4. カンゾウ葉エキス(甘草) → セラミド産生促進、キメ改善
  5. トウニンエキス(桃仁)→ 細胞賦活作用
  6. ジュズダマエキス(鳩麦)→ 細胞賦活作用

といったコンディショニング効果を期待して配合されているようです。

ナイアシンはSK2の美白成分として有名ですが、セラミドの合成をサポートする成分としても知られ、低刺激で乾燥に負けない肌づくりに役立ちます。

まとめると、フリープラスは荒れて乱れがちな肌リズムを取り戻し、健やかな肌作りをサポートしてくれる化粧品と言えそうですね!

パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収剤フリー、無香料、無着色、弱酸性です。

今回は、ドラッグストアでフリープラス お試しセット(しっとり)を購入。
他のブランドのトライアルセットは同じような内容で1,000円以下で買えるのに、フリープラスは化粧水&乳液のみで1,400円と、割高に感じました。

カネボウ フリープラス モイストケアローション2 しっとりタイプを使ってみました

乾燥しがちな肌をしっとり柔らかく整えてくれるローションです。
しっとりタイプとさっぱりタイプから選べますが、今回はしっとりタイプにしてみました!

品質保持のためかな?
しっかりと内蓋がしてあります。

やや白っぽく、かなりしっかりトロミのある化粧水。

ぽってりとしていて、ローションというより、ゆるめのゲルといってもいいようなテクスチャーです。
無香料ですが、ほのかに薬草のような原料の香りがしますね。

そしてフリープラスのモイストケアローションのもうひとつの特徴が使い方!
コットン使いが推奨されているんです。

普段はコットンを推奨している資生堂でさえ、敏感肌用のdプログラムは手でつけるのを推奨しており、これはかなり珍しいタイプだと思う。

刺激が心配な方は、もちろん手でつけてもOK。
トロッとしたテクスチャーは、手でつけるにも扱いやすいです。

というわけで、今回は私も久しぶりにコットンを使ってお手入れしてみました!

しっかりとしたテクスチャーは、コットンの摩擦を和らげるための工夫なのかもしれませんね。

厚みのあるテクスチャーがクッションになり、コットンを使ってもうまい具合に化粧水がのる感じで、コットン好きな方にはいいかもしれない。

トロミのわりに肌馴染みも悪くないです。

少しスーッとするような冷感もあり、完全に馴染むともっちりとした感触にはなりますが、本当に潤っているのか、感触をごまかされているのか微妙な感じも……

コンディションによっては、ちょっとピリピリする日もありました。

フリープラス モイストケアエマルジョン2 しっとりタイプを使ってみました

フリープラスにはクリーム、乳液は好みに合わせた2種類のテクスチャーが用意されているのですが、今回使ってみたのはしっとりタイプの乳液です。

スクワランやマカデミアナッツ油といった軽い感触の肌馴染みのいいタイプの油が使われており、化粧水同様、6つの和漢植物エキスとナイアシンが配合されています。

白い乳液も化粧水と同様、ややゲルっぽい感触です。

こちらは手で馴染ませていきますよ。

もっちり手のひらが吸い付く感じになりますが、少しペタペタする感じが気になりますね。
少しするとなめらかな感触に落ち着きますが。

乾燥のひどい私には保湿力がもの足りません。 
クリームの方が良かったかも。

カネボウ フリープラスを使ってみて

そこまで敏感度の高くない方がターゲットかな?という感じがしました。

化粧水も乳液もみずみずしく、トロッとしたゲルのような感触で、もっちりなめらかなお肌になります。

@コスメの口コミを見る限り、愛用者は20代を中心に10代〜30代が多いようです。
油分が少なく、皮脂分泌の落ちるエイジング世代には保湿力が物足りないかも。

カウンセリング化粧品ということで、キュレルやミノン、肌研esなどドラッグストアで気軽に買える他の敏感肌ラインに比べると価格はワンランクお高め。

私的には、わざわざコレじゃなくてもいいかなぁ?という感じでした。

-敏感肌用化粧水のレビュー

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 AllRights Reserved.