敏感肌のキレイのヒント

スキンケア化粧品、メイク、ファッションなど敏感肌でもキレイを楽しむ情報をコスメコンシェルジュがお届けします

ディセンシア(DECENCIA)つつむを使ってみた!特許技術で敏感肌の改善を目指します

更新日:

生まれつき敏感肌、とか、敏感肌体質になっちゃった、と思っている方もいると思いますが、実は敏感肌という肌質はないのだそうです!

様々な要因によって、バリア機能が低下してしまっているだけ。
それなら、人工的に角質バリアを作ってしまえばいいじゃない!?

そんなコンセプトで生まれたのが、ディセンシア(DECENCIA)の「つつむ」というブランドなんです♡

化粧品大手のポーラ・オルビスグループといえば、日本で初めてシワを改善する美容液を作ってしまったほど、高い技術力を持った会社です。

そんなポーラオルビスグループが、特許の技術を詰め込んで開発したクリームこそ、このブランドの目玉。

つつむのクリームを使い始めてから、私は肌荒れ知らずになりました♪

つつむがおすすめなのはこんな人

超敏感肌
乾燥性敏感肌
アトピー体質

こんな人におすすめ!

  • 普通の化粧品はピリピリする
  • 敏感肌のせいでメイクが楽しめない
  • 皮膚が薄い
  • 敏感肌特有の赤みが気になる
  • 花粉症でムズムズする

つつむは敏感肌の卒業を目指すブランド

敏感肌用のブランドといえば、ほとんどが低刺激で安心して使える、というのがコンセプトだと思います。

でも、つつむはさらに一歩先行くブランド。

特許の技術でバリア機能の整った健やかな角層が育つようサポートし、敏感肌からの卒業を目指します!

角質バリアをサポートして丈夫な角質を育てる

敏感肌はバリア機能が低下し、外部からの刺激を絶え間なく受けています。

お肌の奥では常に新しい細胞が作られ、毎日少しずつ古い細胞と入れ替わっているのですが、敏感肌の場合、新しい細胞がしっかり育つ前に、壊されてしまうんです。

未熟な細胞がむき出しだから、外部刺激にやられてしまうわけですね。
これではセラミドも減ってしまうし、乾燥が進んでさらに敏感に。

この悪循環を絶ってくれる特許の技術が「ヴァイタサイクルヴェール」です。

ベントナイトというクレイ由来の板状の粒子が、まるで本物の角質細胞のように、角層の隙間を埋め、人工的にバリア機能を構築。

すると、外部刺激からお肌の内部が守られ、新しい細胞も刺激にやられてしまうことなく、ぬくぬくと育つことができます!

じっくり成熟した細胞からはセラミドもきちんと作られ、細胞もキレイに並ぶように。

バリア機能の整った、刺激に負けないお肌が育ち、敏感肌を卒業!というのがコンセプトです♡

花粉や黄砂などもブロックしてくれるので、花粉症などアレルギーが気になる時にもオススメ。

つつむのレビュー。実際に使ってみた♡

つつむ ジェントルクレンジングを使ってみた

手と顔が乾いた状態で使う、クリームタイプのクレンジング。

クリームタイプにしてはメイク落ちは控えめですが、軽いポイントメイク程度なら落とすことができます。

ウォータープルーフのマスカラ、ジェルライナー、ティントリップなどは厳しいかも。

手のひらで挟んで軽く温めてから使うと、メイクと馴染みやすくなります。

洗い流せば、軽めのポイントメイクならスッキリ落ちます。

洗い上がりもしっとりで、とても優しい使い心地のクレンジングに感じました。

つつむ ジェントルウォッシュを使ってみた

いわゆる洗顔石鹸なのですが、低刺激な脂肪酸を厳選して作られています。
透明石鹸はしっとりした洗い上がりのものが多いのだそう。

そのため、泡立ちは若干控えめですが、付属のふんわりネットを使えば、こんな感じでほわほわ、ふんわりな泡がたっぷりできますよ!

肌にのせた瞬間、何?!この優しさは?ってちょっと嬉しくなっちゃいました。

うまく言えないのですが、泡をのせているんだかいないんだか分からないような優しさなんです。

石鹸なので泡切れもスッキリしてますし、洗い上がりしっとりで、つっぱり感もありません。
この石鹸、シンプルだけどけっこう好き♪

つつむ クリームウォッシュを使ってみた

基本はジェントルウォッシュと同じ石鹸ベースなのですが、こちらは生クリームのような泡立ち。

若干、こちらの方が洗い上がりがしっとりしてるかな?

どちらも低刺激なしっとりタイプで、洗顔フォームが好きか?固形石鹸が好きか?
形状の好みで選んで問題ないように思います。

つつむ ローションセラムを使ってみた

なんと、通常のセラミドに比べ浸透力が4倍というヒト型セラミド、その名も「セラミドナノスフィア」が配合されています。(クリームにも入ってます)

一瞬、乳液か?!っと思うほど、ぽってりとしたトロミの化粧水。

でも不思議なことに、肌に乗せるとみずみずしいテクスチャーに変化。
あーやっぱり化粧水だわって感じです。

見かけによらず、肌馴染みのいい化粧水でびっくり。
さすがはポーラ系列のブランドだけある。

しっとり、モチモチの吸い付くようなお肌になりますよ♪

つつむ フェイスクリームを使ってみた

このクリームに、ヴァイタサイクルベールが使われているので、つつむは化粧水だけでなく、必ずクリームをセットで使ってほしい!

テクスチャーは3種類あって、トライアルセットではベーシックタイプとしっとりタイプをお試しできます。

クリームといっても、ジェルのようなテクスチャー。

一見、軽やかなのですが、かなりベッタリとお肌に張りつく感じ。
ベタつきの苦手な方は、ひるむかもしれません。

馴染んでしまえばつるんっとした感じになるので、そこまでベタつきは気になりません。

クリームの中でも、かなり皮膜感強めです。
セラミド2配合、保湿力もバッチリで、とても安心感のあるクリームだと思います。

保護の効果が高いので、メイクや日焼け止めの刺激からもお肌を守ってくれるのが嬉しいですね。

水道水の塩素でさえしみるくらい敏感になったことがあるのですが、ワセリンとつつむのクリームだけは全く刺激なく使えて驚きました。

(実際、メーカーが行なった試験では、ワセリンよりも低刺激だったとか!)

つつむ フェイスクリームR1を使ってみた

ベースの成分は同じですが、こちらはしっとりタイプになります。

基本のクリームもけっこうベッタリですが、こちらはさらにこってり濃厚です。
なかなか保湿力に満足できるクリームがない!という方でも、これなら大丈夫かも。

つつむ デイモイストヴェールを使ってみた


こちらはヴァイタサイクルベールの技術を応用した日焼け止めです。
SPF16 PA++、紫外線吸収剤不使用。

大気汚染物質や花粉、ファンデーションの刺激からもお肌を守ってくれます。

薄い肌色のミルクタイプで、ノンケミカルでも白浮きしません。

保湿力もあって使用感はいいのですが、若干メイク崩れしやすいです。

仕上がり重視の方よりは、低刺激&保護機能を重視したい方向けのアイテムかな。

つつむを使ってみた感想

保湿
抗炎症
バリア機能アップ

良かったところ

  • 刺激がなく安心して使えた
  • 保湿力もバッチリだった
  • 使い始めてから肌荒れ知らず

ここがイマイチ

  • 人によってはクリームのベタつきが気になるかも……

ポーラ系列のブランドにしては価格も良心的で、続けやすい!

肌が敏感な時ほどシンプルなケアを心がけたいものですが、つつむは2ステップのシンプルケアというのもポイント高いです。

何と言っても、つつむを使い始めてから、肌荒れ知らずになりました。

つつむのクリームは、保護の目的でもワセリン代わりに使えて、しかも使用感よく高機能なので、本当に使い勝手がいいです。

人工的に角質バリアを構築するというコンセプトは、ディセンシアならではのもの。
敏感肌でお悩みなら、1度は試してみてほしいイチオシブランドです♡

アイテムが一通り試しできるトライアルセットは、30日間の返金保障付き!
通販のブランドでも安心です♪

トライアルセットの内容

14日ぶんです。

  • つつむ ジェントル クレンジング(クレンジング)14包
  • つつむ ジェントル ウォッシュ(洗顔)10g
  • つつむ ジェントル クリームウォッシュ(洗顔)1包
  • つつむ ローションセラム E (化粧水)14mL
  • つつむ フェイスクリーム(クリーム)10g
  • つつむ フェイスクリーム R1(クリーム)1包
  • つつむ デイ モイスチャーヴェール(日焼け止め下地)1包
  • ふんわり洗顔ネット 1個

つつむの成分について

つつむ ジェントルクレンジングの成分

水、エチルヘキサン酸セチル、テトラオレイン酸ポリグリセリル-2、ミネラルオイル、BG、グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、ミツロウ、テオブロマグランジフロルム種子脂、(グリセリン/オキシメブチレン)コポリマーステアリル、イソステアリン酸PEG-12、ワセリン、水添レシチン、カルボマー、トコフェロール、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラペン

つつむ ジェントルウォッシュの成分

ミリスチン酸、水、グリセリン、スクロース、オレイン酸、水酸化Na、ソルビトール、エタノール、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸、テオブロマグランジフロルム種子脂、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、エチドロン酸

つつむ ジェントルクリームウォッシュの成分

水、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、ラウリン酸、マルチトール、BG、PCAイソステアリン酸グリセレス-25、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ソルビトール、PEG-400、リン酸2Na、テオブロマグランジフロルム種子脂、水添レシチン、トコフェロール、ポリクオタニウム-39、セルロースガム、ココイルグルタミン酸TEA

つつむ ローションセラムEの成分

水、グリセリン、BG、ソルビトール、ジメチコン、セラミド2、グリシン、アルギニン、セリン、リシンHCl、アラニン、ポリクオタニウム-61、水添レシチン、フィトステロールズ、PEG-32、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-6、シクロペンタシロキサン、セタノール、キサンタンガム、カルボマー、ポリアクリル酸Na、水酸化K、オレイン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

つつむ フェイスクリームの成分

シクロペンタシロキサン、水、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ワセリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、スクワラン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ペンチレングリコール、トリエチルヘキサノイン、セラミド2、ダイズステロール、水添レシチン、レシチン、月見草油、グリチルリチン酸2K、ステアリン酸スクロース、PEG-150、パルミチン酸スクロース、セタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

つつむ フェイスクリームR1の成分

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ワセリン、ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジステアルジモニウムヘクトライト、スクワラン、グリコシルトレハロース、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、PEG-150、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ペンチレングリコール、セラミド2、ダイズステロール、水添レシチン、レシチン、月見草油、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、セタノール、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

つつむ デイモイスチャーヴェールの成分

シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、BG、PEG-10ジメチコン、酸化チタン、スクワラン、ジステアルジモニウムヘクトライト、シリカ、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ワセリン、セラミド2、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、月見草油、ローズマリーエキス、ダイズステロール、水添レシチン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ペンチレングリコール、トリエチルヘキサノイン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、レシチン、ステアリン酸スクロース、PEG-150、パルミチン酸スクロース、セタノール、水酸化Al、酸化鉄、タルク、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

-敏感肌用化粧水のレビュー
-,

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 AllRights Reserved.