敏感肌のキレイのヒント

スキンケア化粧品、メイク、ファッションなど敏感肌でもキレイを楽しむ情報をコスメコンシェルジュがお届けします

敏感肌の私が絶大な信頼を置くセラミド高保湿クリーム!つつむ フェイスクリームの口コミ

更新日:

「敏感肌に1番おすすめな化粧品はなんですか?」と聞かれたら、間違いなく「つつむのフェイスクリームです」と答えたい。

それくらいずっとお気に入りで、絶大な信頼を置いている保湿クリーム!

今回ご紹介する「ディセンシア つつむフェイスクリーム」は、「ヴァイタサクルヴェール」という特許技術を使って作られたクリームで、

敏感肌を本気でなんとかしたい!という方には全力でオススメしたいクリームになります♪

この記事では、実際に使ってみた使用感、敏感肌におすすめする理由や成分についてなど、詳しくご紹介していきますね!

公式サイトディセンシア「つつむ トライアルセット」

つつむ フェイスクリームを敏感肌の私が使ってみました!

「ディセンシア(DECENCIA)」は、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド。

「つつむ」は、肌の保水機能とバリア機能をサポートすることで健やかな肌づくりをサポートする、化粧水とクリームの2ステップ・シンプルケアのラインです。

淡いブルーのガラス容器で価格のわりに高級感があります。
チューブタイプやポンプタイプに比べて、ジャータイプはキレイに使い切れるのが魅力。

ちょっと面倒ですが、敏感肌の方はなるべく清潔なスパチュラを使ったほうがいいでしょうね。

少し黄色っぽい、透明感があって一見ゲルのようなクリームです。

コッテリというか、ベッタリ。
ワセリンを少し柔らかくしたような感じ、といえば伝わりやすいかな?

しかしワセリンと違って伸びがよく、ほとんどベタつかないので使いやすいです。

するっと伸びて、目に見えないヴェールがピタッと肌を覆う感じ。
しっとりなめらかで、つるんっとすべらかで、嫌なベタつきはありません。

皮膜感はかなりしっかりあるタイプで、サラサラな仕上がりが好きな方は気になるかもしれませんが、その膜が刺激から肌を守り、健やかな肌が育つのをサポートしてくれるので大事なんです。

うるおうというよりは本当に肌を保護するイメージのクリームで、どちらかというと重め。

保水力やバリア機能が低下していると夏でもカピカピに乾燥する方はいるので一概にはいえませんが、一般的には夏には重いとされるテクスチャーだと思います。

なんらかの化粧水でみずみずしい状態になった肌を、つつむのフェイスクリームで包み込むようにすると、イイ感じの肌に落ち着くのでオススメです♪

私は季節の変わり目など、気をつけていても肌が敏感になってしまうのですが、つつむのフェイスクリームを使っているといつも次第に肌が落ち着きを取り戻すので、私にとっては欠かせないお守りのようなクリーム。

最近はシワやシミが気になるので、敏感肌用のエイジングケア化粧品や美白化粧品を使いたくなるのですが、気をつけていないとやっぱり肌が荒れてしまう。

「肌のコンディションが乱れてきたなー」と感じたら必ずこのクリームに戻ってきます。

無くなったら本当に困る、お気に入りのクリーム。
お肌のコンディションが安定しないという敏感肌さんには、1度は試して欲しいクリームです♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません

肌に合わない可能性のある人

個人的には大絶賛のクリームですが、もちろん相性の悪い人もいると思います。

  • 皮膜感があると痒くなってしまう
  • クリームを塗るとニキビができやすい
  • パラベンやフェノキシエタノールにアレルギーがある

なんて方にはオススメできないかもしれません。

つつむのトライアルセットは、使用後でも30日間返品保障付きなので、心配な方はトライアルセットでお試ししてみるといいと思います。

公式サイトディセンシア「つつむ トライアルセット」

つつむ フェイスクリームの特徴。特許成分ヴァイタサイクルヴェールが保水機能&バリア機能の整った肌づくりをサポート

つつむのフェイスクリームは、セラミドをはじめ、バリア機能をサポートしてくれるような成分だったり、敏感肌と相性のいい月見草オイルだったり、いい成分がたくさん入っているなーと思っているのですが、

私が絶大な信頼を置いている理由が、特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール」です!

どんな技術かを簡単に説明すると「肌をバリアで覆うことで刺激から肌を守り、正常なバリア機能が備わった肌が育つよう導いてくれる」といった技術になります。

敏感肌は保水機能やバリア機能が低下しており、角質がめくれて肌の細胞と細胞の間に隙間が開いた状態になっています。

バリア機能の低下した敏感肌の細胞はいつも刺激に晒されているため、正常に育つことができずにいます。

「未熟な角質層」なんていったりするのですが、ターンオーバーが早すぎる状態で、炎症により水分蒸発を防ぐセラミドを生み出せず、水分を抱え込むことができず、ちょっとした刺激で傷つきます。

そこで、ヴァイタサクルヴェール!

クレイ由来の成分がまるで本物の細胞のように隙間をピタッと埋め、人工的にバリア機能の整った状態を作ります。

肌の細胞は外部刺激から守られるため、炎症を起こさずにすみ、じっくりと時間をかけて育つことができるんですね!

すると、セラミドや天然保湿因子などが正常に作られるようになり、ターンオーバーのリズムが整って、肌が本来の保水機能やバリア機能を取り戻す、という理論です。

薬用成分ではありませんし、数ヶ月かけてターンオバーを繰り返すうちに…… という気の長い話ではあるのですが、

肌本来の働きを無理なくサポートする形で、ある意味、敏感肌を根本的に卒業させてくれる技術ともいえるものなんですよ!

ディセンシアさんに直接お話を伺ったことがあるのですが、「ヴァイタサイクルヴェール」は敏感肌用化粧品の概念をひっくり返したと言っていいくらい、画期的な技術なんですって。

実はディセンシアというブランドは、偶然このヴァイタサイクルヴェールという技術が発見されたことから立ち上げられたブランドで、ポーラ系列だというのにブランド立ち上げ当初はこのクリームしかなかったのだとか。

大手のブランドが化粧水もないのに新規ブランドを立ち上げてしまうなんて、前代未聞だったらしいです。
それくらい、画期的な技術なんですって。

つつむ フェイスクリームの全成分

シクロペンタシロキサン、水、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ワセリン、ジステアルジモニウムヘクトライト、スクワラン、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシダイマージリノレイルエーテル、ペンチレングリコール、トリエチルヘキサノイン、セラミド2、ダイズステロール、水添レシチン、レシチン、月見草油、グリチルリチン酸2K、ステアリン酸スクロース、PEG150、パルミチン酸スクロース、セタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

グリセリン、BG、ペンチレングリコール、 抗炎症成分。肌荒れを防ぐ。
スクワラン、ワセリン 保湿。皮脂を補う役割。
セラミド2、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ダイズステロール、水添レシチン、レシチン 保湿、バリア機能サポート。細胞間脂質を補う役割。
シクロペンタシロキサン、PEG-10ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト 保護
月見草油 保湿、エモリエント効果、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗シワ作用。
ガンマリノレン酸(GLA)を豊富に含むオイル。
グリチルリチン酸2K 抗炎症作用

つつむ フェイスクリームのデータ

内容量

30g(2〜3ヶ月ぶん)

価格

3,240円(税込)

無添加へのこだわり

無香料、無着色。アルコール(エタノール)は不使用。
皮膚科医立会いテスト承認済み、アレルギーテスト済み。

こんな方におすすめ

超敏感肌、乾燥性敏感肌、アトピー体質、ゆらぎ肌

(肌に炎症のあるときは使用しないこと)

トライアルセット

あり

公式サイトディセンシア「つつむ トライアルセット」

敏感肌でも美白できるブランド、教えます♪

敏感肌って、実はシミができやすいのに美白が効きにくい、難しい肌なんです。

もしもあなたが「敏感肌におすすめの美白化粧品が知りたい!」と思っているなら、こちらの記事を参考にしてみてくださいね♡

⇒敏感肌に美白が効きにくい理由とおすすめブランド2選♪

-敏感肌用の乳液・クリーム
-

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.