敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

調子のいいお肌をキープするコツ

敏感肌が全成分表示を見る時のポイント。化粧品と医薬部外品の違い、キャリーオーバーについてなど

更新日:

敏感肌になると、化粧品の成分が気になりますよね?

でも、普段から全成分表示を見る習慣のない方は、「見てもチンプンカンプンでさっぱり…… 」という方が多いのでは?

この記事では、敏感肌の方が、成分をチェックする上で押さえておきたい成分表示のルールと、チェックすべきポイントをまとめてみましたよ♡

スポンサーリンク

化粧品と医薬部外品(薬用化粧品)ではルールが違う

一見同じように見える化粧水やクリームでも、

  1. 化粧品
  2. 医薬部外品(薬用化粧品)
  3. 医薬品

と3つのカテゴリーに分かれています。

こちらを見てください。

カテゴリー 効果 副作用 商品例
化粧品 肌を健やかに保つ なし アクセーヌ、ファンケル、ラロッシュポゼなど
医薬部外品
(薬用化粧品)
症状を予防する なし キュレル、NOV、dプログラムなど
医薬品 症状を改善する 副作用あり ケラチナミン、ヘパソフトプラス、SAIKIなど

化粧品と薬用化粧品は、響が似ていますし、店頭では同じ棚に並んでいますが、目的と効果が異なり、成分を記載するルールが全く違うので注意が必要です。

見分けるポイントは、何も書いていない=化粧品か、医薬部外品もしくは医薬品と記載があるかどうか?です。

化粧品の記載ルール

  1. 基本的に全成分を記載する
  2. 1%以上の成分は配合量が多い順に書く
  3. 1%以下の成分は順不同でよい

ただし、

  • 香料はいくつ原料を使っていても「香料」とまとめて書けばいい。
  • 石鹸は「石鹸素地」と書いても「ミリスチン酸、パルミチン酸、水酸化K」と細かく書いても、どちらでもいい。
  • メイクの粉体は成分の最後にまとめて書いてもいい。

などなど、例外もたくさんあるので一概には言えません。

とくに注意したいのが香料で、たとえ数10種類の化学物質を配合して香りを作っていたとしても、「香料」とだけ最後に記載すればOK。
敏感肌に無香料の化粧品が勧められるのはこのためです。

医薬部外品(薬用化粧品)の記載ルール

医薬部外品の中でも、とくに化粧品のことを指して薬用化粧品と呼ぶ事があります。
どちらの名称も間違いではありません。

  1. 必ず「医薬部外品」または「薬用化粧品」と明記
  2. 効果・効能を記載できる
  3. 化粧品と薬用化粧品は同じ成分でも名称が違う
  4. 全成分の公開は自主基準(義務ではない)
  5. 成分を書くときは、有効成分とその他の成分に分けて書く
  6. 成分の順番は順不同でよい

全成分表示にも出てこない!?キャリーオーバーとは?

全成分表示のもうひとつの例外として、「キャリーオーバー」があります。

何かの原料を配合するとき、原料を抽出するのに使われた溶剤や、原料を保存するために使われていた防腐剤は、微量なので、全成分表示には書かなくていいよ!というルールがあって、これをキャリーオーバー成分と言います。

全成分表示と言っても、実は書かれていない添加物が複数配合されているということ。
無添加化粧品の中には、敏感肌に配慮し、「キャリーオーバーまで公開」している化粧品もあります。

敏感肌は微量な成分にも反応してしまうことがあるので、キャリーオーバーという成分もあるよ、ということは知っておいて損はないと思いますよ!

敏感肌のための、化粧品の成分の見方

ここからは、敏感肌の私が化粧品の成分を見るとき、どんな風に見ているか?というのをご紹介したいと思います。

①化粧品か、医薬部外品(薬用化粧品)かをチェック

まず、化粧品なのか?薬用化粧品なのか?をチェックします。

「医薬部外品」という表記があり、成分表が有効成分とその他の成分に分かれていれば、それは薬用化粧品という事。

それらの表記がなく、全成分として成分が公開されていれば、それは化粧品という事です。

②成分のボリュームをチェック

次に、使われている成分が多いか?少ないか?をチェックします。

単純に、成分数の少ないものほど、かぶれのリスクは低く、成分数の多いものほど、かぶれのリスクは高くなります。

敏感肌には、なるべく成分数の少ない商品がおすすめです。

③不使用の成分をチェック

商品によっては、鉱物油不使用、アルコール(エタノール)不使用、パラベン不使用など、配合されていない成分がわかりやすく明記されている場合があります。

とくに「無添加化粧品」をうたっている場合は、どの成分が無添加なのか?をしっかりチェックしましょう。

④アレルギーテスト、スティンギングテスト、低刺激性などの表示があるかチェック

商品によっては、

  • 低刺激性
  • スティンギングテスト済み
  • パッチテスト済み
  • 敏感肌パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み
  • ノンコメドジェニックテスト済み

などの表記が見つかる場合もあります。

これらの化粧品は、刺激性や皮膚炎が起きないかテストされたもので、低刺激な化粧品を探している敏感肌にとっては、決め手の1つになりますよね!

>>色々なテストについて詳しく知りたい方はこちら

「成分を見るのが苦手!」という方は、ここまでチェックするだけでも違うと思います。

ここから先は、もう少し細かく成分を見ていきたい!という方に。

⑤全成分の最初の方をチェック

化粧品の成分は「ベース → 訴求成分 → 界面活性剤、増粘剤、防腐剤など」といった順番で出てくるのが一般的です。
(もちろん、例外もたくさんありますが)

まずはたくさん入っている成分(最初の方に出てくる成分)の中に、刺激の強い成分がないか?をチェックします。

ここでエタノール、PGなどの刺激が強い成分や、フェノキシエタノールなどの防腐剤が出てくるようなら要注意。
敏感肌には刺激が強いかもしれません。

⑥全成分の最後の方をチェック

次に、今度は全成分の最後の方を見ます。

防腐剤や香料などの添加物がまとめて書いてある事が多く、これらの成分は少量でも刺激を感じる事があるので、どんな成分を使っているかが気になります。

⑦訴求成分をチェック

最後に、中ほどに書かれている訴求成分(美容成分)をチェックします。

  1. セラミドなど、敏感肌に有用な成分が入っているか?
  2. アミノ酸、ヒアルロン酸、スクワラン、ホホバ油、オリーブ油など良質な保湿成分が入っているか?
  3. 植物成分(〜エキスなど)がどれくらい入っているか?

といった点を、私は主にチェックしてます。

ケミカル成分が目の敵にされがちなのですが、植物成分も意外と刺激やかぶれのリスクがあるので注意です。

ここまでチェックするだけで、成分を1つ1つ上から下まで調べなくても、ある程度、絞り込めると思います。
さらに詳しく知りたい場合は、成分を1つ1つ調べてみてはいかがでしょうか?

>>敏感肌が避けたい成分リスト

洗顔料やクレンジングの場合

洗顔料やクレンジングの場合も基本は同じですが、真っ先に見たいのは「メインとなる洗浄成分」です。

乳液やクリームに配合される乳化剤と違って、洗顔料やクレンジングに配合される界面活性剤は刺激が強めで、量も多いため、どんな成分を使っているかはとても気になります。

(例えばクレンジングだと、20〜30%くらいは、洗浄成分が配合される事が多いそうです)

なるべくなら、低刺激な洗浄成分を使った製品を選びたいですね。

医薬部外品(薬用化粧品)の記載ルール

薬用化粧品は必ず「医薬部外品」または「薬用化粧品」と書いてある

薬用化粧品には必ずどこかに「医薬部外品」または「薬用化粧品」と表示されています。

薬用化粧品は効果・効能を表示できる

医薬部外品(薬用化粧品)は、箱や容器、広告などで効果・効能を表示することができます。
医薬部外品の場合、全成分までは見なくても、効果と有効成分くらいは確認したいですね。

敏感肌用の化粧品の場合は、「肌荒れを防ぐ」という効果が記載されていると思います。

グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリル、アラントイン、トラネキサム酸、トコフェロールなど

の有効成分が多いです。

その他、ニキビ予防化粧品には「ニキビを防ぐ」、美白化粧品には「シミ・そばかすを防ぐ」と記載があります。

薬用化粧品の全成分表示は義務ではない

薬用化粧品の全成分表示は、義務ではなく日本化粧品工業連合会の自主基準です。
つまり、全成分が開示されていない化粧品もあるということ。

最近は消費者に配慮して全成分を公開する企業が増えていますが、中にはライバル会社に配合をマネされないよう、非公開にしているブランドもあります。
例えば、DHCや一部のデパートコスメなどですね。

薬用化粧品は有効成分とその他の成分に分けて表示

薬用化粧品は、「有効成分」と「その他の成分」で分けて書くのが基本です。

薬用化粧品のその他の成分は順不同でいい

その他の成分に関しては、多い順に書いてあるものもあれば、訴求成分が先に羅列されているものもあります。

化粧品と薬用化粧品は同じ成分でも名前が違う!

化粧品と薬用化粧品では、同じ成分でも表示名が変わります。

例えば、

セラミド3(セラミドNP)は、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン

と表示名を変えます。

ここまでくると、一般消費者には、もはや、何が何だかわかりませんね……

何か特定の肌に合わない成分が分かっている場合は、医薬部外品の場合の名称も合わせて覚えておくことをオススメします。

化粧品の成分を調べるのに参考になるサイト

>>化粧品成分オンライン

成分の効能、刺激やアレルギーについての報告なども詳しく載っていて、とても参考になります。

>>Cosmetic-Info.jp

表示名称、原料、処方例の検索ができる化粧品技術者のためのデータベースサイトです。

一般消費者向けではないので難しいのですが、医薬部外品の成分を調べるときにとても便利です。
成分が何のために配合されているのか?というのを知るのにも役立ちます。

ちなみに……

化粧品成分の毒性判定で有名な美肌マニアですが、個人的には、参考程度に留めておくのがいいと思います。

理由は、判定が「肌に刺激性やアレルギー性があるか?」という観点ではないこと。
避ける必要のない低刺激な乳化剤や洗浄成分、積極的に取り入れたい成分まで「毒性あり、危険」で判定されていたりするからです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-調子のいいお肌をキープするコツ

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.