敏感肌のキレイのヒント

敏感肌でもキレイやお洒落を諦めたくない!そんな女性に向けて、スキンケア・メイク・生活習慣など、コスメコンシェルジュがキレイになれるヒントをお届けします。

敏感肌の美白

敏感肌でもアルブチンって使えるの?敏感肌ならではのシミ原因に着目したオススメの美白化粧品、教えます

更新日:

「アルブチンって有名な美白成分だけど、刺激や乾燥はどうなんだろう?
敏感肌でも使えるのかしら?」

そんな風に思っているあなたへ。

この記事では、

敏感肌でもアルブチンは使えるのか?
どんな人にオススメの成分なのか?
アルブチン配合の敏感肌用・美白化粧品もあるの?

など、アルブチンと敏感肌についてご紹介します。

スポンサーリンク

アルブチンって敏感肌でも使えるの?

アルブチンは歴史ある安全性の高い成分

アルブチンはコケモモやウワウルシといった植物に自然に含まれる成分で、ハイドロキノンの誘導体。
美白成分としては1990に資生堂がアルブチン配合の美白化粧品を発売したのが最初です。

アルブチン(βアルブチン)は肌に浸透した後もハイドロキノンに代謝されないことが確認されており、細胞毒性が低く、色素沈着や肝斑を効果的に抑制することが分かっています。

30年近く使われ続けているのは、効果や安全性に優れている証とも言えるでしょう。

低刺激なので敏感肌でもトライしやすい成分です

後ほどご紹介するアルブチンの種類にもよりますが、基本的にアルブチンは低刺激で乾燥感の出にくい美白成分です!

敏感肌用の化粧品にも配合されており、敏感肌でもトライしやすい成分なので、興味のある方は試してみるのもオススメです。

(美白化粧品は夏に使うことを想定して作られるため、アルブチンとは関係なく、化粧品自体がさっぱりタイプに作られる場合は多いです。

また、敏感肌かどうかに限らず、どんな成分も肌に合わない体質の方は一定数います。)

アルブチンの美白効果とは?色素沈着に効果はある?

シミは過剰に作られたメラニン色素が色素沈着を起こしたものです。

アルブチンはメラニン色素が作られるのに不可欠なチロシナーゼ酵素を抑制する働きがあり、結果的にメラニンが作られにくくなります。

メラニンが作られなければ、シミも生まれないという仕組みです。

アルブチンはメラニンの生成抑制(メラニンが作られないようにする)効果に優れており、

  • 日焼けしやすい
  • シミを未然に防ぎたい、シミを増やしたくない
  • シミを濃くしたくない

といった方に向いている成分です。

メラニンの生成を未然に防ぐことに特化した成分なので、ビタミンC誘導体のように、すでにできた色素沈着を薄くする働きはあまり期待できません。

しかし、過剰なメラニン生成をアルブチンで防ぎつつ、蓄積したメラニンがターンオーバーで排出されるのを待てば、少しずつ、お肌が明るくなったり、気になる部分が目立たなくなってくる可能性はあります。

βアルブチンとαアルブチンの違いについて。敏感肌にはどちらがおすすめ?

実はアルブチンには2種類の成分があります!

1つは1990年から使われている資生堂が開発した「アルブチン(βアルブチン)」、もう1つは2002年から使われはじめた江崎グリコとスイスの企業が開発した「αアルブチン」です。

βアルブチンがコケモモという植物から作られた成分なのに対し、αアルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合して作られます。

ハイドロキノンに代謝されないことが確認されているβアルブチンに対し、αアルブチンはその一部がハイドロキノンとして代謝され、βアルブチンの10倍のメラニン抑制効果があるというデータが出ています。

成分の見分け方としては、

  • 単にアルブチンと書かれている場合 → βアルブチン
  • αアルブチン、ハイドロキノン誘導体と書かれている場合 → αアルブチン

となります。

薬用化粧品の美白有効成分として配合されるのは「βアルブチン」になります。
また、βアルブチンに比べてαアルブチンはやや刺激が強めだそうです。

敏感肌には、低刺激な「βアルブチン」をオススメします。

アルブチン配合!敏感肌にオススメの美白化粧品「ディセンシア サエル」

「ディセンシア サエル」は、ポーラ・オルビスグループの敏感肌用美白化粧品。
化粧水・美容液・クリームの3点すべてに美白成分アルブチンが配合されています。

バリア機能をサポートする特許技術が搭載されているのが特徴で、

「保湿・抗炎症・バリア機能アップ」を徹底し、美白の効きやすい肌に整えてから美白成分が働くため、他の美白化粧品で思うように効果を感じられなかったという方にも、1度は試してほしいブランドなんですよ!

美白効果を高めるには美白成分の濃度を上げればいいのですが、敏感肌には刺激になって使えないというジレンマが。

しかしサエルには美白の得意なポーラ研究所の技術が生かされており、アルブチンに独自の植物エキスを掛け合わせることで、アルブチンのメラニン抑制効果をアップ!
敏感肌でも積極的に美白に取り組めるんです。

また、ストレスによるシミや、加齢による黄ぐすみなど、他のブランドにはない高機能を搭載しているのが魅力です。

通販限定のブランドになりますが、トライアルセットがあるので、アルブチンが気になっている方はぜひ、お試しを♪

当サイトのレビュー記事はこちら▼

特許技術でバリア機能アップ!敏感肌だからできちゃうシミを防ぐサエルの美白クリームの口コミ

敏感肌専用のセラミド美白化粧水!サエル ホワイトニングローション コンセントレートの口コミ

敏感肌でもダブル美白!糖化対策も♪サエルの美白美容液の口コミ。ホワイトニングエッセンスコンセントレート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
管理人 YUKA

管理人 YUKA

30代 乾燥性敏感肌のコスメコンシェルジュのYUKAです。 部屋が片付けられない女子(?)ですが、メディアではできるだけたくさんの情報を整理して、分かりやすくお伝えできればと思います。 何かひとつでも、お役に立つことがあれば嬉しいです。 >>詳しいプロフィールはこちら

-敏感肌の美白

Copyright© 敏感肌のキレイのヒント , 2018 All Rights Reserved.